2012年に入団し、2016年には規定打席に到達するなどブレイクしそうな気配を見せている桑原将志選手。

 

抜群の打撃センスに50メートルを5秒8で走り抜ける俊足、抜群の肩の強さを持っていて身体能力はプロでもトップクラスと言われています。

 

明るいキャラクターでDeNAでも人気選手となっている桑原選手…

 

このままブレイクを果たして、DeNAを代表する選手への成長が期待されていますね!

 

今回はそんな桑原将志選手のプロフィール詳細について紹介します!

スポンサーリンク

桑原将志選手のプロフィールは?

出身地:大阪府和泉市
出身高校:福知山成美高等学校
生年月日:1993年7月21日
身長:174㎝
利き腕:右投
打席:右打
ポジション:外野手、内野手
年俸:4,000万円(2017年現在)

引用:wikipedia

桑原選手は中学時代は「和泉ボーイズ」というチームに所属していて、遊撃手としてプレイしていました。

 

高校は福知山成美高校へ進学し、1年の春から三塁手としてレギュラーになります。

その直後に1年生部員による暴力事件が発生し、1年生全員が出場停止処分を受けて夏の大会に出場出来ないと言う不運にも見舞われます。

 

出場停止明けの秋には3番遊撃手のレギュラーとして活躍し、近畿大会ベスト8入りに貢献します。

 

しかし、その冬にまたしても野球部員による不祥事により6か月の対外試合禁止処分を受け、2年生時の春夏の大会に出場出来ませんでした。

 

こう何度も不祥事が起こるのは学校側の体制にも問題を感じますね…

 

2年の秋にはチームの主将となり、大阪府の大会でベスト4入り、3年夏にもベスト4へ導く活躍を見せますが、甲子園には出場出来ませんでした。

 

しかし毎大会で桑原選手は突出した活躍を見せ、プロのスカウトからも注目選手となっていました。

 

2011年のドラフト会議では高校での活躍が認められ、横浜ベイスターズから4位で指名。

プロ入りへの道を見事切り開きました。

スポンサーリンク

桑原将志選手の成績や年俸は?

出典:SANSPO.COM

 

桑原選手は横浜ベイスターズと契約金3,500万円、年俸540万円で契約します。

2012年-2013年

1年目となる2012年には高卒1年目ながら10月にはプロ入り初出場を果たし、初ヒットも記録しました。

2年目の2013年も一軍には上がりますが5試合の出場だけで、基本的には二軍での修行がメインとなりました。

主に二塁手、外野手として二軍では出場し、打率.270、27打点をあげます。

2014年

2014年からは外野手登録となります。

6月28日に一軍登録され、スタメンだった荒波選手がケガ、金城選手が不調のために7月に7番センターでプロ初のスタメン出場を果たします。

 

7月4日の阪神戦で、エースのメッセンジャー投手から、第1打席で9球、第2打席で10球、第3打席でも10球粘って3打席で29球を投げさせる脅威の粘りを見せます。

 

これが中畑監督の評価に繋がり、次の日の7月5日には1番スタメンで起用されました。

 

その後は他の選手との併用ながらも、8月5日の巨人戦ではプロ初となるサヨナラ安打を放つなど印象的な活躍を残します。

 

9月28日にはプロ初となる本塁打も放ちました。

 

2014年の成績は打率.257、本塁打1、打点13、盗塁4と初めて1軍で結果を残し、年末の契約更改では3桁だった年俸から1,100万円へアップとなります。

2015年

2015年はオープン戦で2本のホームランを放ち猛アピールで見事自身初となる開幕一軍を勝ち取りました。

 

しかし打撃では結果が出ず、打率は1割台と不振を極めてしまい結局代走守備固め要因としての起用に留まります。

 

秋に行なわれているフェニックスリーグに参加中左手首に死球を受け尺骨茎状突起を骨折するという不運にも見舞われました。

 

この年は60試合出場で打率.184、本塁打1と前年より数字を落としてしまいます。

 

しかし年俸はアップ査定となり前年より200万円アップの1,300万円へ。

2016年

この年からチームの監督となったアレックス・ラミレス監督の方針で中堅手として起用されてきた梶谷選手を右翼手へ復帰させたことで、中堅手として乙坂選手と共に併用されます。

 

6月からは1番中堅手として完全にレギュラーへ定着し、この年は本塁打も量産。

安打も自己最多となる131本を放つなど飛躍の年となりました。

 

シーズン内で二度の先頭打者ホームランも記録して、まさにベイの切り込み隊長としての役目を果たします。

 

2016年の成績は133試合に出場し、打率.284、本塁打11、打点49、盗塁19と見事にブレイク。

打って守れて走れる理想的な1番バッターとなりましたね!

 

2016年の契約更改では4,000万円を提示され、2700万円の大幅アップとなりました。

 

 

打撃センスは相当非凡なモノを持っていますよね。

このまま成長したらとんでもない打者になるのでは…?

スポンサーリンク

桑原将志選手はイップス?

イップスとは精神的な事が原因により、目の前への送球がとんでもない暴投になったり何度やってもイメージ通りにプレイが出来ない精神的な病と言われています。

 

桑原選手は内野手としてその「イップス」を患っていると自ら語っています。

 

 

学生野球などでもイップスになっている選手は多く、その治し方については完全に確立されていない為にプロでもイップスに苦しまされている選手も居ます。

 

桑原選手は外野手へと転向することで、短い距離での送球のイップスが発現する場面を減らしプロとしてやっていく事にしました。

 

この病とも言えるイップスはどのスポーツどの選手にも発症することがあり、恐ろしい物です…

桑原将志選手の性格は?

とにかく明るい性格で、チームのムードメーカーとして知られています。

外国人選手にも臆せず初対面でギャグを放ったりと、コミュニケーション能力も高いですね!

 

チームメイトからもいじられ役として認識されていて、常に桑原選手の周りには笑いが溢れています。

チームに必ず一人は欲しいムードメーカーとして理想的な性格の持ち主ですね!

 

ベイスターズのファンフェスでは芸人の小島よしおさんのモノマネを見せてファンを盛り上げました。

 

 

本当に面白い選手ですね!

桑原将志選手の彼女は?

2015年のオフには特徴でもあった左目横にあった大きなホクロも削除して、ナイスガイぶりに磨きをかけた桑原選手。

 

彼女について調べてみましたが、今のところ彼女の噂は一切ありませんでした。

 

まだまだ完全にレギュラーに定着したのは2016年の事だけに、知名度的にもモテっぷりでも売れてくるのはこれからの選手ですしね!

 

今後は大物と付き合ったりするかもしれませんよ!?

まとめ

外野手をメインとしてイップスを克服し、見事2016年にはレギュラーを勝ち取った桑原将志選手。

 

打てて守れて走れて、理想的な1番バッターですよね!

 

まだまだ若いだけに今後のDeNAを支えていく選手となる事は間違いないかもしれませんね!