出典:デイリー

 

今年からデビューした新人にもかかわらず中日ドラゴンズのレギュラーを掴みとり、頼りになる守備打撃でチームに貢献している京田陽太選手。

 

打席や守備でのの落ち着きぶりや振る舞いを見ていると、ルーキーというのを忘れてしまいますよね!

 

50メートル5秒9の俊足を持ち、ガンガン盗塁も決めていくスタイルに中日ファンの方には将来のトップバッターとして期待してしまいますね!

 

今回はそんなデビュー間もないながらも、印象に残る活躍を見せている京田陽太選手のプロフィール詳細について紹介します!

スポンサーリンク

京田陽太選手のプロフィールは?

 

出身地:石川県能美市

出身高校:青森山田高等学校

生年月日:1994年4月20日

身長:182cm

利き腕:右投

打席:左打

ポジション:内野手

年俸:(2017年現在)

引用:wikipedia

 

京田選手は小学校2年時に「寺井学童野球クラブ」で軟式野球を始めました。

中学では「白山能美ボーイズ」に所属し、全国ベスト8になる活躍を見せます。

 

高校はスポーツ界の名門青森山田高校へ進学。

1年の春からレギュラーに抜擢されるなど目立った部分を見せますが、甲子園には出場出来ず。

 

同県の八戸学院光星に所属する北條史也選手とはライバル関係にありました。

 

高校卒業後は日本大学へ進学し、1年生時からベンチ入りを果たします。

3年春には2部リーグ所属だった日本大学を1部に引き上げ、昇格後は1部リーグで遊撃手のベストナインに選ばれる活躍を見せます。

 

2016年に行なわれた日米大学野球選手権大会では、日本代表に選抜され中央大学の吉川尚輝(現巨人)選手と二遊間を組みました。

 

大学時代の活躍が認められ、2016年のドラフト会議で中日ドラゴンズからドラフト2位指名を受け、プロへの門を叩きました。

スポンサーリンク

京田陽太選手の成績や年俸は?

京田選手は中日ドラゴンズと契約金8,500万円、年俸1,200万円で契約を結びます。

 

2017年

1年目となる2017年には春キャンプで新人ながら一軍組と合流し、開幕となった3月31日の巨人戦では、いきなり7番・遊撃手として開幕スタメンを勝ち取りました。

 

その後も全試合スタメンでは無い物の、ほぼレギュラーを勝ち取り始めていて1年目から遊撃手という守備の要のポジションを任されています。

 

 

細身ながらパンチ力もあるんですよね…

 

このまま順調にいけば新人王の可能性も充分あるだけに期待大ですね!

 

 

京田陽太選手の性格は?

とにかく「練習の虫」と言われる程、熱心に野球の練習に取り組み将来的にはプロでも「タイトルを総なめにしたい」と語る程高い意識を持っています。

 

初めてのヒーローインタビューの時の話を見ていても、とにかくプロに必死に食らいついて走塁で1つでも前へ前へと積極的な姿勢が見て取れます。

 

 

 

青森山田での高校時代の光星学院の北條選手や田村選手にも大きなライバル意識を持っていたという面もあり、プロとして重要な強い負けん気もしっかりと持っていますね!

 

 

 

京田陽太選手の彼女は?

出典:日刊ゲンダイ

中日で主力となってきて、イケメンでもある京田選手。

恰好いいですし、彼女は居そうと噂になっていますね。

 

ただ1年目という事もあり、彼女の噂は全くありません!

 

更に日本大学でも野球一筋でやっていたようで、女性と遊んでいた、女性をはべらしていたなどのチャラついた噂もなく、真面目な性格な京田選手らしいですね!

 

これから活躍するにつれて表だって色々取材も増えるでしょうし、新情報が出てくるかもしれませんね!

 

まとめ

華麗で安定した守備に、超積極的な走塁で中日ドラゴンズに新しい風を吹き込んでいる京田陽太選手。

 

近年はドラゴンズも不調が続いているだけに、それを吹き飛ばす活躍を見せて欲しいですね!