出典:naverまとめ

 

プロ入り10年目にしてとうとう大ブレイクの気配を見せ始めている安部友宏(ともひろ)選手!

高校卒業後即プロ入りしてからは、走攻守と三拍子揃った大型内野手として期待され、2016年にカープの歴史的優勝に貢献して知名度を上げました。

 

50メートルを5秒8で走る俊足に遠藤は110メートルの強肩を持っていて、元々のスペックや潜在能力は相当な物を持っている選手ですね!

 

今回はそんな阿部友宏選手についてのプロフィール詳細を紹介します!

スポンサーリンク

安部友裕選手のプロフィールは?

出身地:福岡県北九州市小倉北区
出身高校:福岡工業大学付属城東高等学校
生年月日:1989年6月24日
身長:181cm
利き腕:右投
打席:左打
ポジション:遊撃手、二塁手、三塁手
年俸:2,100万円(2017年現在)

引用:wikipedia

安部選手は小学校2年生から野球を始め、中学校では「小倉バティーズ」というチームに所属していました。

 

中学2年の時に際立っていた俊足を活かす為に一塁へ近い左打ちへと転向しました。

 

高校は福岡工大城東高校に進学し、2年でレギュラー入りを果たしますが夏の甲子園では怪我でベンチ入りだけにとどまってしまい出場出来ず。

 

3年にも足の怪我で思うように出場が出来ず、チームも2回戦で敗退してしまい甲子園での活躍はありませんでした。

 

しかし全国的には無名ながら、知る人ぞ知る走攻守そろった大型内野手として評価されていて、12球団全てのチームからドラフトの調査依頼書が届きます。

 

全チームから興味を持たれるぐらいなんですから、やはりプロのスカウトから見ると色々段違いな部分があったんでしょうね…

 

2007年のドラフト会議では広島東洋カープにドラフト1位指名(唐川侑己選手の外れ1位)を受け、プロへと進むことになります。

 

しかし、このドラフトで指名を受けた後に「入団拒否」と噂される事がありました。

 

ドラフト後の2度の交渉でも入団決定に至らず、このまま入団しないのではないか?という噂もチラホラ出始めます。

 

カープは丁度黒田選手がメジャー挑戦でチームを離れ、新井選手も阪神へ移籍と今ほど勢いが無いチームで少し落ち目のムードがある事が原因だったのかもしれません。

 

かし1位指名という事もあり、無事安部選手はカープへ入団が決定します。

スポンサーリンク

安部友裕選手の成績や年俸は?

契約金7,000万円、年俸600万円で広島東洋カープと契約した安部選手。

2008年-2010年

高校卒業後から3年間は一軍出場は無く、基本的には二軍での地盤作りとなりました。

最初は守備に難があると言われていましたが、二軍での特訓により改善。

少しずつ成長を見せていきました。

2011年

2011年6月に代打としてプロ初の一軍初出場を果たします。

この年は一軍では8試合に出場しますが、基本的には二軍がメインとなりました。

二軍のウエスタンリーグでは盗塁王を獲得。

2012年-2013年

2012年から一軍へ帯同する期間が多くなり、少しずつプロ野球ファンから名前を憶えられていきました。

 

2912年は53試合に出場し、打率.252 本塁打1 打点 2と前年より多くの出場機会をもぎとり着々と一軍へ定着していきます。

 

2013年には75試合に出場し、打率.220 本塁打1 打点 8と前年より打率を落としますが、代打や代走での起用など多く重宝されます。

 

2014年

しかし、2014年には出場機会を失ってしまい一軍では僅か3試合の出場しか出来ませんでした。

 

二軍では二度目の盗塁王を獲得しますが、本人は「悔しい気持ちが大きい」と苦しい思いを吐き出していました。

2015年

2015年シーズンには終盤に三塁手として出場機会を増やすものの一軍では26試合の出場に留まります。

2016年

そして2016年はほぼ一軍に帯同するシーズンとなり、安部選手のブレイク年となります。

 

序盤は中々成績が伸びませんでしたが、5月に猛打賞を記録するなどで打率を3割に乗せると、相手が右投手の場合はほぼ三塁手としてスタメンで出場するようになり、スタメンでない試合でも守備固めや代打で多くの出場機会を得ました。

 

チームも優勝し、安部選手にとっても飛躍のシーズンとなりました。

 

安部選手の2016年の成績は自己最多の115試合の出場に打率.282 本塁打6 打点33と全ての項目で大幅に自己ベストを記録します。

更に盗塁の数は7個ですが、その全てが成功し、100%の成功率を誇りました。

 

伸び悩んでいた年俸もこの年2,100万円へアップとなり、チームの主力としての地位を確立。

長く苦しんだ二軍メインのプロ生活が報われましたね!

2017年

2017年シーズンも安倍選手は好調を保っていて、なんと5月には規定打席に到達した瞬間に首位打者へ躍り出るという大ブレイクの予感をさせています!

 

元々は大型内野手としてドラフト1位で指名された、大期待の選手だけに遅咲きの大ブレイクに期待ですね!

安部友裕選手の性格は?

自分自身でネガティヴな性格とも語っており、長いプロ生活の中でなかなか一軍に定着出来ないこともあってか、「この打席で駄目だったらまた二軍かな…」などとマイナスの想像をしてしまう事が増えたそうです。

 

しかし元々は明るい性格で、安部選手には奥様がいらっしゃるのですが、毎日料理には「ありがとう」とお礼を言ったり奥様への感謝を忘れることは無いそうです。

 

男の人はなかなか照れくさくて奥様への感謝を口に出して言えないものですが、この辺が男らしくて恰好いいですよね!

 

レギュラーを掴み、ファンの前にも顔を出す事が多くなったために、これから今まで知らなかった安倍選手の知らなかった面も見えてくるかもしれませんね!

安部友裕選手のお嫁さんは?

安部選手は2014年7月に7歳年上の方と結構しています。

お相手は7歳年上で安部選手と同じ福岡出身の女性だそうです。

 

プロ野球選手といえば姉さん女房が定番ですが、7歳差はなかなかの年齢差ですよね!

 

テレビから音楽が流れてくると急に踊りだしたりする、ユニークで明るい奥さんだそうで安部選手もその明るさに感化されて元気をもらっているそうです。

 

二人とも仲睦まじい夫婦となっているようで、安部選手も地盤がキッチリ固まって更なる成長が期待出来そうですね!

まとめ

野手としてはかなりの遅咲きとなった安部選手。

 

しかし二軍で長く培った堅実な打撃や守備、走塁は最早一軍でも主力の武器となっています。

 

今一番勢いのあるチームとなったカープの中心選手として、長い間活躍を続けて欲しいですね!