上林選手画像

出典wikipedia

 

現在福岡ソフトバンクホークスでブレイク寸前となっている上林誠知選手。

 

元々高い潜在能力を持っていると言われたいた上林選手…

 

去年は二軍で不調だっただけに、誰も予想しえなかった上林フィーバーにホークスファンも嬉しい誤算となっていますね!

 

あまりの好調さにオールスター出場の噂までささやかれ始めています。

 

今回はそんな今絶賛売り出し中の上林誠知選手について調べてみました!

スポンサーリンク

上林誠知選手のプロフィールは?

出身地:埼玉県さいたま市
出身高校:仙台育英高校
生年月日:1995年8月1日
身長:185cm
利き腕:右投
打席:左打
ポジション:外野手
年俸:800万円(2017年現在)

引用:wikipedia

 

上林選手は小学校1年で野球を始め中学では「浦和シニア」に所属し、3年生時に全国制覇も経験しました。

 

名門仙台育英へ進学し、1年生から4番打者を任されていて、期待の大きさをうかがわせますね!

 

高校2年の夏には甲子園に出場し、打率.455を記録するなど活躍を見せ全国に名前を知られる事となります。

 

高校3年では主将を任され、春夏共に甲子園出場に貢献する活躍を見せプロからも注目される存在として評価され始めます。

 

仙台育英での活躍が認められて、2013年にドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスに4位で指名されプロ入りの切符を見事掴みます。

スポンサーリンク

上林誠知選手の成績や年俸は?

上林選手は契約金4,000万、年俸500万で福岡ソフトバンクホークスと契約し、プロの仲間入りを果たします。

入団1年目の2014年は高卒ルーキーという事もあり、1年間二軍で三塁手として出場して体力や技術を付けて行きました。

 

2年目の2015年に三塁手から外野手に登録を変更し、5月に初の1軍登録の機会を得て5月21日のオリックス戦にて代打でのプロデビューを飾ります!

 

8月には9番ライトで初めてのスタメン出場を勝ち取り、第1打席で初安打を放つと、第3打席にはプロ初ホームランを逆転満塁本塁打というド派手な記録で飾りホークスファンの心に上林の名前を刻みつけました。

 

しかし、2015年も1軍定着とはいかず二軍が主戦場となりました。

 

二軍では88試合に出場し、リーグ最高の打率.343の成績を残しウエスタンリーグで首位打者や最多盗塁などのタイトルを獲得し翌年以降への期待を大きく膨らませました。

 

2016年は二軍戦で98試合に出場し、打率.247と大きく数字を落としてしまい低迷の年となります。

 

しかし2017年ではキャンプとオープン戦でアピールをして開幕一軍を勝ち取ります!

 

その勢いのまま開幕から活躍を続け、現在では完全にブレイクの気配も見せており、2017年5月16日の時点で打率.308 ホームラン6本 打点17とまさに大暴れ状態になっています。

 

5月3日に逆転満塁ホームランを上林選手が放つと、メジャー帰りの川崎宗則選手は「ホークスはすごいモンスターを生み出した」語りました。

 

上林選手は背番号も川崎選手の敬愛する、イチロー選手が愛用していた番号と同じ「51」で川崎選手から何かと目をかけてもらっていますね!

 

この先このまま大活躍を続けてスターへの道を歩んでほしいですよね!

上林誠知選手の性格は?

 

高校時代からイチロー選手と同じルーティンを真似していると語っていて、結構こだわりを持つ性格のようですね!

 

この打席前に行なう動作一連の流れですね。一流のアスリート程こういう決め事を作り、守る事で自分のペースを作ると言われています。

 

そしてなんと中学時代には打席に入る前に腕立てをしていたそうです 笑

 

なかなかこう見るとユニークな性格ですよね!

 

野球に対しては辛い事でも辛く感じず、モチベーションを保てると語っていて、ストイックに野球一直線という感じが滲み出ています。

 

上林誠知選手の彼女は?

まだ1軍に定着した年はなく、ブレイクしかけてるのも今年なので彼女の情報自体が現在のところありません。

 

本人の性格を考えると、今は一軍で結果を残していて一流選手への階段を上っている最中なので、野球に集中しているんじゃないでしょうかね?

 

今後知名度が上がるにつれ、何か噂が出るかもしれませんね!

まとめ

まさに今絶好調でブレイク中の上林誠知選手。

 

このままホークスの中心選手となってスターへの階段を駆け上がってしまうのでしょうか?

 

本人の潜在能力は豪快なスイングや、圧倒的なスピードを見ても相当なものを持っているのは一目瞭然なだけに、このまま開花して日本の大砲となってほしいですね!