大分県の甲子園出場校は毎年変わっているイメージがあり、戦力が分散しているために飛び抜けて強い学校はありません。

 

50校前後の参加校数で夏大会は行われていて、全国的には少し平均より少ないかもしれません。

 

現在では「九州最弱」と語る方もいるぐらい弱体気味の傾向があり、甲子園本番での活躍が少なく、全国レベルの力を持つチームの出現が渇望されています。

 

昭和40年代には津久見高校が春夏共に全国制覇を果たしている地域でもあり、現在でも語り継がれる伝説の学校となっています。

 

その津久見高校も現在では甲子園からは大きく遠ざかっていて、大分の高校野球は苦難の時代を迎えています。

 

2012年以降5年連続で夏の甲子園で初戦敗退が続いていて、カリスマ的な指導者の出現が必要なのかもしれませんね。

 

大分県の高野連は危機感を覚えて大分のレベルを引き上げる為に、予算を分配し県外の全国レベルの高校と練習試合を組むなど協力体制となって励んでいる状況です。

 

秋田県も強化策により甲子園で成績を残せるようになった実績を持っていて大分県にも底力アップの期待が持てますね!

 

今回はそんな大分県の高校野球強豪校注目ランキングを紹介します!

スポンサーリンク

5位:別府青山・翔青高校

 

 

大分県立別府翔青高校は大分県別府市に所在する公立高校です。

 

大分県立別府青山高等学校、大分県立別府羽室台高等学校、別府市立別府商業高等学校の3校を統合して、2015年に高校を再編後新しくスタートした学校です。

 

旧名別府青山高校時代には春夏通算で2回の甲子園に出場しています。

 

しかし学校再編後は野球部から勢いが少し失われ、ここ最近の公式戦では結果が出ていません。

 

甲子園出場時は少ないチャンスを物にするチームで、接戦に強い特徴を持っていました。

 

統合後は少し調子を落としているだけに、復活が期待されますね!

 

甲子園成績

春の甲子園出場:1回
夏の甲子園出場:1回

 

別府青山・翔青高校出身の主なプロ野球選手

・大山暁史 (オリックス・バファローズ)

スポンサーリンク

4位:柳ヶ浦高校

 

 

柳ヶ浦(やなぎがうら)高校は大分県宇佐市に所在する私立高校です。

 

スポーツに力を入れている学校で体育進学コースも用意されていて、近隣の福岡からの生徒も多い学校だそうです。

 

悲しい事故

2009年に柳ヶ浦高校野球部の控え選手46人を乗せた学校専用バスが、夏の甲子園予選開会式へ向かう途中に横転する事故を起こし、生徒一人が亡くなり42人が重軽傷を負う大事故を起こした事が全国のニュースとして騒ぎになりました。

 

この事件をきっかけに、全国の高校が野球部でのバス移動の安全面に付いての見直しが行われるなど、大きな影響を与える事件でした。

 

事件後は甲子園球場でも応援用のバスに対して全席シートベルト着用を呼びかけるなどバスでのシートベルトの重要さを再確認する事になります。

 

更に2年後の2011年にも夏の開会式から帰宅途中のマイクロバスが、追突事故を起こして監督が亡くなるという悲しい事故の再来も経験しています。

 

この事故で応援しにいく側の安全意識も高く持たないと、本当に誰もが悲しい事が起きてしまうと感じましたね。

 

シートベルトは大事ですほんとに。

 

 

事故の話が長くなりましたが、柳ヶ浦高校は1990年代から2000年代前半まで甲子園常連校として活躍した強豪で、1994年に出場した夏の甲子園ではベスト4に食い込む活躍も見せています。

 

しかし近年では2005年を最後に甲子園出場は途絶えていて、少し衰えた印象がある学校ですね!

 

ですが復活の気配を感じてきたのは2013年の夏予選あたりから。

 

強豪明豊相手に惜敗するもベスト8まで勝ち上がり、2014年の秋季大会でも準優勝。

 

2015年の夏予選でもベスト4へ上がるなどの強さが戻って来ていました。

 

しかしいずれも明豊高校に勝ち上がりを阻まれており、甲子園に再び登場するには明豊攻略が鍵となりそうですね。

 

調子を上げてきている学校だけに、今後は期待ですね!

 

甲子園成績

春の甲子園出場:2回
夏の甲子園出場:8回

 

柳ヶ浦高校出身の主なプロ野球選手

・脇谷亮太 (読売ジャイアンツ-埼玉西部ライオンズ-読売ジャイアンツ)
・山口俊  (横浜DeNAベイスターズ-読売ジャイアンツ)

 

3位:大分商業高校

 

大分県立大分商業高校は大分県大分市に所在する公立の高校です。

通称は「大商(だいしょう)」とよばれています

 

大分県内では古豪として知名度の高い学校で、春夏通算20回の出場を誇る強豪です。

 

甲子園本戦でも4度のベスト8を経験していて、大分県内の旧甲子園ファンなら「甲子園といえば大分商業」とまで言える程の存在だったといいます。

 

1997年を最後に甲子園出場がしばらく途絶えていましたが、2013年に大分県の夏予選を制して16年ぶりに見事甲子園に戻って来て、復活の兆しを見せています。

 

その甲子園再出場からも大分県内では安定した実力を見せ続けていて、2014年夏にはベスト8、2014年秋季大会ではベスト4、2015年夏予選では準優勝、2016年秋季大会ではベスト4、2017年春季大会では準優勝と高い実力を証明しています。

 

しかしやはり柳ヶ浦高校と同じく「明豊高校」にかなり苦戦していて、大きな障害となっています。

 

大分で勝ち抜くには明豊攻略は必須なのかもしれませんね…

 

甲子園成績

春の甲子園出場:5回
夏の甲子園出場:15回

 

大分商業高校出身の主なプロ野球選手

・川瀬晃 (福岡ソフトバンクホークス)
・笠谷俊介(福岡ソフトバンクホークス)
源田壮亮(埼玉西部ライオンズ)
・小野淳平(読売ジャイアンツ-広島東洋カープ)
・岡崎郁 (読売ジャイアンツ)

スポンサーリンク

2位:大分高校

 

 

大分高校は大分県大分市に所在する私立の高校です。

通称は「分高(ぶんこう)」と呼ばれています。

 

どちらかと言うと野球よりサッカーの名門として知られている学校で多くのJリーガーを生み出しています。

 

2014年夏に甲子園初出場を決め、2016年夏にも再び大分を制して甲子園に登場していて近年乗りに乗っている学校と言えますね!

 

マネージャー甲子園禁制問題

大分高校と言えば2016年に甲子園出場の際に、女子マネージャーの生徒さんが甲子園のグラウンドで守備練習の手伝いに参加した時に、大会関係者から女性禁制と注意され制止された事で話題を集めました。

 

このマネージャーが、「かわいすぎる」という理由もあったんですけどね;

 

古い考えの「危険だから」「神聖なものだから」などという女性を差別したような理由付けに世論は「こんなくだらないルールはやめるべき」というマネージャー側の擁護意見が多かった気がします。

 

自分もマネージャーは部の一員だと思いますし、練習の手伝いにすら参加してはいけないなんて時代錯誤もはなはだしいと感じていました。

 

世論の声を受け2017年のセンバツから条件付きですが、女子部員の練習参加も認められるように改訂され、数校の女子野球マネージャーが甲子園の土を踏みました。

 

そもそも甲子園なんて始球式でプロ野球ではタレントやら芸能人やらが投げまくっているのに、なぜ高校大会だけ女子はダメとか変なルールが残ってたんでしょうね?

 

思ったよりも早い高野連の対応には、少し驚きましたが…

 

そんな大分高校ですが、ここ数年で夏を2回制している現在大分で最も勢いのある高校であり、明豊などの強豪も倒して勝ち上がっているため、その強さは偶然では無いと証明済みです。

 

2回出場した甲子園では共に1回戦で敗退となっていて悔しい思いをしているだけに、次は「甲子園での勝利」を目標に更に強い高校へと育ってほしいですね!

 

甲子園成績

春の甲子園出場:0回
夏の甲子園出場:2回

 

大分高校出身の主なプロ野球選手

・佐野皓大 (オリックス・バファローズ)

1位:明豊高校

 

 

明豊高校は大分県別府市に所在する私立の高校です。

 

現在ソフトバンクで活躍する、今宮健太選手を擁して2009年に甲子園でベスト8まで進んだ事で、その名前は完全に全国区となりました。

 

今宮選手は高校時代ショートでありながら投手として登板する事もあり、150キロを連発した事でも話題となり「ドラフト1位指名間違いなし」の選手として大分県内ではスーパースターとして有名な選手となりました。

 

ソフトバンクでは現在ショートを守っていますが、この時の地肩の強さは守備にもキッチリと活かされていますね。

 

相当深い所で捕球した後も、矢のような送球が飛んでいきますもんね。

 

明豊は甲子園初出場は2001年と21世紀に入ってからという、意外にも最近の出来事なのです。

そこからはあっという間に大分の強豪校として成長していき、現在では全国レベルでもファンなら明豊を知らない人は居ない学校という程の知名度になりました。

 

大分県の高校としては甲子園本戦での勝率も抜群に良く、二度のベスト8の実績も持っています。

 

明豊高校の伝統として「守りの野球」は最早常識となっていて、毎年の様に堅守のチームを作り上げてきます。

 

偉大なOBである今宮健太選手もソフトバンクでは守備で一流に成り上がった選手。

 

このお手本を胸にとにかく守備へと割く練習時間はとても長い明豊高校。

 

打撃+守備練習。 筋トレ+守備練習。 ランニング+守備練習。

 

…という様に必ず全てのメニューから守備は欠かしません。

 

その長い時間から連係プレーの精度も高く、明豊の二遊間や守備を楽しみに観戦に来るファンも後を絶ちません。

 

直近の2017年の春季大分大会でもキッチリと優勝を決めており、今後も本命であることは間違いないですね!

 

大分県勢として津久見高校以来の甲子園優勝を期待出来る学校と言えば、やはり明豊と答えるしかありません。

 

強豪大分復活の為にも、期待が大きい学校です!

 

甲子園成績

春の甲子園出場:2回

夏の甲子園出場:5回

明豊高校出身の主なプロ野球選手

今宮健太 (福岡ソフトバンクホークス)

まとめ

近年好調な明豊高校、大分高校に他高校が挑む形になりそうな大分県。

 

飛び抜けて強い学校は存在せず、全くノーマークの学校がいきなり出てきても不思議はでありません!

 

強化策を図り甲子園強豪県だった時代を取り戻そうとしている大分県の成長には今後も期待ですね!

 

 

関連記事:高校野球の強豪校まとめ

関連記事:甲子園の応援歌注目ランキング!あの有名ゲームの曲やこんな曲まで!?

関連記事:甲子園の応援歌定番ランキング!お馴染みのあの曲やJPOPの有名曲も?

関連記事:甲子園歴代スター選手のランキング!あの人のその後は?(投手編)

関連記事:甲子園歴代スター選手のランキング!あの人のその後は?(打者編)