三重高校が2014年に準優勝をして、三重県全体が勢い付いている印象がある県ですね!

 

いなべ総合や津商業などの新鋭チームも力があり、これからの三重の情勢はこの新鋭チームによって大きく様替わりするかもしれません。

 

宇治山田高校の2017年春季大会での大差勝ちなどでも話題となった三重県の高校野球…

 

今回はそんな三重県の高校野球強豪注目ランキングを紹介します!

スポンサーリンク

5位:宇治山田商業高校

 

 

宇治山田商業高校は1899年という長い歴史を持ち、三重県伊勢市に所在する県立の高等学校です。

 

2017年の春季大会では宇治山田は1回戦で英心高校と戦い、なんと「0-91」という野球のスコアを逸脱した大差をつけた試合を作りお茶の間のニュースでも話題となりました。

 

高校野球ではあまり大差が付いてしまうと試合が長引くのを嫌がり2,30点差が付くとばれない程度に手を抜いてコールド試合が成立する5回まで試合を進めるのが常套手段です。

 

これはあまり好まれる行動では無いですが、長い闘いをする高校野球ではある程度黙認されていた部分でもあります。

 

しかし宇治山田高校は1回戦でありながら手を抜く事はなく、最後まで全力を出しました。

 

英心高校は悔しいながらも、いつも大差が付くとバントなどでアウトを進めてくるだけ試合処理をされていただけに、最後まで全力で戦ってくれた強豪校に感謝を表していました。

 

こんな高校生らしい素晴らしい精神を持った宇治山田高校は、この試合で更にファンが増え、三重県の中でも人気の高校となり期待を背負っています。

 

練習設備に専用グラウンドは無く、他の運動部との共用という決して恵まれてはいない環境ですが、2015年には夏予選ベスト8、2014年にも夏ベスト4と2008年以来の甲子園出場にあと一歩という所まで来ています。

 

天敵となる三重高校に雪辱を果たし、なんとしても甲子園再出場を果たしたいですね!

 

 

甲子園成績

春の甲子園出場:1回

夏の甲子園出場:3回

 

宇治山田商業高校出身の主なプロ野球選手

・倉野信次 (福岡ソフトバンクホークス)

スポンサーリンク

4位:菰野高校

 

 

菰野(こもの)高校は三重県三重郡に所在する県立の高校です。

 

通称「菰高(こもこう)」と呼ばれています。

 

オリックスのエース、西勇輝選手を輩出した学校としても知られています。

 

2005年夏に三重県予選を制し甲子園初出場を決めると、2008年にも夏の甲子園に出場し、近年の2013年には春のセンバツに選ばれています。

 

近年の躍進の裏には下地となる身体作りにあり、強靭な肉体を作りあげ公立のハンデをものともせず私立の強豪校とも渡り合える地盤を作っているそうです。

 

科学的に基づいた栄養士の指導の元に、強化食やサプリメント、体重や体脂肪のデータを見て選手個人個人に栄養指導を行うという近代的な試みもしています。

 

やはりそのフィジカルが鍛え上げられている事も、プロ選手を多く輩出する基盤となっているのかもしれませんね!

 

2013年、2014年と夏予選を決勝まで勝ち上がりながらも三重高校に連続で敗れてしまい、甲子園を逃しているだけにリベンジを果たしたいところです。

 

2016年の秋季大会でも準優勝をしていて近年の調子も悪くないだけに、なんとしても三重高校を倒して甲子園再出場を見たいですね!

 

 

甲子園成績

春の甲子園出場:1回

夏の甲子園出場:2回

 

菰野高校出身の主なプロ野球選手

・西勇輝  (オリックス・バファローズ)

・山田大樹 (東北楽天ゴールデンイーグルス)

・辻東倫  (読売ジャイアンツ)

 

3位:津商業高校

 

三重県立津商業高校は三重県津市に所在する公立の商業高校です。

 

通称は「津商(つしょう)」と呼ばれています。

 

とても部活動が盛んな学校で、特にバレーボール部は全国レベルの力を持っているのでも有名です。

 

2015年に甲子園初出場を果たした津商業は、初出場ながら1回戦で超名門智弁和歌山高校と当たってしまい、下馬評では智弁和歌山圧倒的有利だと言われているも、見事その予想を覆し初出場初勝利を智弁和歌山からもぎ取りました。

 

まだ甲子園通算出場回数は1回のみですが、2013年ぐらいからブレイクの兆しは見せており、2013年春季三重大会で準優勝、2013年夏予選ベスト4、2015年の春季大会でも準優勝と前兆はありました。

 

見事2015年に夏の三重を制して、しかも甲子園であの智弁和歌山から勝利を挙げているだけに、今後は三重県の中心的存在になるのではないかと言われています。

 

2016年夏予選はベスト8にて敗れてしまいましたが、甲子園常連校へと成長しそうな気配をぷんぷんと臭わせており、これから期待大の学校ですね!

 

 

甲子園成績

春の甲子園出場:0回

夏の甲子園出場:1回

 

津商業高校出身の主なプロ野球選手

・松下立美 (阪神タイガース)

スポンサーリンク

【2位:いなべ総合高校】

 

 

三重県立いなべ総合学院高校は三重県いなべ市にある県立の高校です。

 

通称は「いなべ」と呼ばれています。

 

2016年に公立校ながら激戦の三重県で春夏連続甲子園出場を果たしたいなべ高校は夏の甲子園でも2勝を挙げ、見事ベスト16入りと破竹の勢いを見せています。

 

甲子園初出場は2010年となっていて、2016年の出場はそれ以来となり春夏通算甲子園出場はまだ3回と少ないですが、この先の三重県の中心となる存在として津商業と共に新鋭高校の中で期待を受けています。

 

監督の尾崎氏は投手育成に定評があり、その深い理論に基づく練習で好投手を育て上げてきます。

 

模型を用いて人体の仕組みや、骨の理想的な動かし方を選手にも丁寧に教え、一番いい角度での投げ方やキレの出し方を教授して素晴らしい投手を毎年の様に仕上げてきます。

 

練習にトランポリンやアジリティディスクといった近代的なトレーニングも導入しており、まさに今の時代に適した前衛的な監督と言えますね!

 

甲子園では指揮官自らが強豪校のデータをストライク率や内外角への配球確率など要所をまとめたプリントを作り選手にインプットさせたと言います。

 

ここまで数字的根拠に基づいた監督が居てくれるのは選手にとっては頼もしいですよね…

 

昔の根性気合主義監督は今の子には合いませんから…

 

2014年あたりから夏予選ベスト4、秋季三重大会優勝、2015年春季三重大会優勝、夏予選でも決勝で津商に惜しくも敗れるも準優勝と、いなべの地盤となる力は間違いなく付いている事は誰の目にも明らかでした。

 

そして2016年の躍進によりいなべ総合は「全国公立校の星」と期待されており、この先も大活躍を見せてくれると思いますね!

 

 

甲子園成績

春の甲子園出場:1回

夏の甲子園出場:2回

 

いなべ総合高校出身の主なプロ野球選手

・石垣幸大 (中日ドラゴンズ)

 

1位:三重高校

 

 

三重高校は三重県松坂市に所在する私立の高校です。

 

三重県では海星高校と並び、甲子園常連校として全国的に知名度の高い学校となっています。

 

1960年代から甲子園に出場している古豪で1980年代を除く全ての年代で甲子園常連校として君臨しており、とても安定感のある学校と言えますね!

 

1969年には初のセンバツ甲子園で優勝の経験もある名門です。

 

監督の中村好治氏は2014年に監督に就任すると、直近10年の三重県勢は1勝しか出来ていなかったのに、いきなり甲子園出場どころか本番でも準優勝の成績を挙げ驚かせます。

 

そんな中村監督は毎日全選手と会話をするそうです。

 

100人を超える大所帯ですが、それでも就任以来ずっと欠かさず続けていると語ります。

 

選手と一緒にグラウンドを走り、会話をする…

 

近年の名監督に多い、対話型のメンタルを重視した方ですね!

 

高校生が本来の実力で試合を出すのは難しく、前時代的な威圧する監督では近年の高校野球で良い結果を出すのは難しくなっています。

 

そこで中村氏のようなフレンドリーでありながら、生徒に自主性を持たせ試合ではプレッシャーを出来るだけ取り除くという手法は現代では必須かもしれません。

 

2014年の夏に出場した甲子園では三重高校の前評判は決して高くなく、誰もが決勝まで勝ち上がるとは思っていませんでした。

 

三重高校は2000年代になって6回の甲子園出場を果たしていましたが、その全てで2回戦までに敗退してしまっていたので無理もありません。

 

しかし三重高校は虎視眈々と全国への牙を研いでいて、元々強かった打撃に四球の選び方、バントの精度などを磨き「三重旋風」を巻き起こす結果へと繋がりました。

 

ここ2年は伏兵に敗れ甲子園出場を逃していますが、間違いなく実績も安定感もNO1の学校だけに大本命からは外せない1校ですね!

 

 

甲子園成績

春の甲子園出場:12回 優勝1回

夏の甲子園出場:12回

 

三重高校出身の主なプロ野球選手

・宮本四郎 (横浜大洋ホエールズ-阪急ブレーブス-阪神タイガース)

・伊藤泰憲 (中日ドラゴンズ-南海ホークス)

・水谷孝  (阪急ブレーブス-読売ジャイアンツ-阪急ブレーブス)

 

まとめ

大本命三重高校がこのまま三重を制するのか?それとも新鋭いなべ総合や津が反撃を見せ呑み込んでしまうのか?

 

新鋭と古豪がぶつかりあい激戦となっている三重県…

 

全国レベルの力もあるだけに目が離せない地域ですね!

 

 

関連記事:高校野球の強豪校まとめ

関連記事:甲子園の応援歌注目ランキング!あの有名ゲームの曲やこんな曲まで!?

関連記事:甲子園の応援歌定番ランキング!お馴染みのあの曲やJPOPの有名曲も?

関連記事:甲子園歴代スター選手のランキング!あの人のその後は?(投手編)

関連記事:甲子園歴代スター選手のランキング!あの人のその後は?(打者編)