時計画像

 

 

つい先日も高校野球春季東京大会で、高校野球としては史上初のナイター決勝が行われその試合があまりにも熱戦すぎて長時間に及んだ事が話題になりましたね!

 

早稲田実業の清宮君フィーバーにあやかってナイターを行ったものの、22時を過ぎる試合時間となってしまい「高校生をこんな時間まで試合させていいのか?」

という批判も生み出すなど、高校野球だけならずプロ野球でも試合時間に関しては近年でもよく語られる話題となっています。

 

この試合時間という問題は日本プロ野球や、メジャーリーグでも近年問題として取り上げられており、あまりにも遅い展開は若者の野球離れを起こすと言われ、試合のスピーディー化が進められているのが最近の野球界です。

 

元々野球という競技は「攻撃」「守備」に置いて毎回3アウトごとにチェンジとなりベンチに一度引っ込んで攻守交代をする競技で、時間が掛かりやすい仕様と言えるんですよね。

 

忙しい現代において1試合平均3時間以上のスポーツは、やはり気軽に見れるというイメージは薄く、これを早くして野球をスピーディーで見やすい物にしよう!というのが野球界が行っている取り組みです。

 

今回は色々話題となっている「試合時間」についての平均や最長の試合時間、最短の試合時間などについて調べてみました!

スポンサーリンク

高校野球の平均試合時間は?

高校球児というのは基本的には、甲子園へ出場してくる強豪校であればあるほど生徒への教育もキッチリされていて、攻守交代の時にもシャキシャキと走って交代する為に試合時間は短縮される傾向があります。

 

それにサイン交換もプロのように複雑すぎず、ダラダラとしないためにスムーズです。

 

甲子園での試合をテレビで見ていても、高校球児の攻守交代の時の全力疾走は見ていて爽快ですもんね!

 

高校試合での全試合での平均時間のデータは情報が無いので正確には解りませんが、甲子園で1日4試合行われる試合の1試合ずつの時間枠が2時間半ずつ取られています。

 

多少のズレは起こりますが、大規模な延長戦や超大量得点の試合が起こらない限りは予定時間通り進んでいくため、高校野球の試合時間は大体「2時間~2時間半」という感じなのでしょうね。

 

試合予定時間の間にグラウンド整備や、多少のノック時間も考えると平均は2時間30より2時間寄りに近い時間だと思いますね。

 

観戦される代表的な野球の試合の種類ではプロ野球、メジャーリーグと比べても高校野球が一番試合展開がスピーティーなのは間違いないと思います。

 

テンポのいいものは見る物を飽きさせないというのは、おそらく正しい説だと思うので高校野球の人気の一端はこの部分にもあるかもしれませんね。

 

甲子園には試合時間が遅くなると、ナイターを付けてかなり高いお金を払わなければならないなどの「大人の事情」もありますしね…

高校野球の最長の試合時間は?

 

高校野球での最長の試合時間は「4時間55分」となっています。

 

これは昭和8年(1933年)に行なわれた夏の甲子園での試合です。

 

中京商業学校と中京商業学校(現中京大中京)の試合で樹立されたものであり、延長25回の激戦となり昼に始まった試合が午後6時過ぎに終わるというものでした。

 

現在では15回延長での引き分け再試合がルールとなっているために、この記録が最長記録としては不滅の物となっています。

 

試合時間4時間55分に関しては、延長15回まで伸びたうえにお互い大量得点を重ねていく試合は塗り替えられる可能性はありそうですが、延長25回というのはルール的にもう二度と見れないものですね。

 

個人的には延長で長引く試合は見ていて大好きなのですが、球児の体調や疲労を考えると現在のルールが正しいですよね;

 

それどころか更に体調を考慮してサドンデス方式(延長11回からはノーアウトランナー1,2塁でスタート)を導入する案なども出ており時代と共に変化していくものですね…

 

個人的にはサドンデスはちょっと好きではないんですけどね;

 

高校野球の最短の試合時間は?

 

予選まで含めると少しデータが見つからず、予選まで含めたすべての試合での最短時間は解りませんでした。

 

しかし甲子園での最短試合時間は1947年の決勝で小倉中と岐阜商の試合で試合時間はなんと1時間12分というスピード試合でした。

 

1時間12分ってどれだけ淡々と試合が進んでいくのだろう…

 

近年では2012年の夏甲子園の東海大甲府-成立学園での試合で、1時間16分というハイペースで試合が終わり話題となりました。

 

この試合は自分も見ていましたが、両校四球を出す気配が全くなく、ヒットはかなり打たれる物の、打たせて取る投球もありハイペースなスピードで試合が展開されていました。

 

ここまでいくと、スピーディすぎて面白いかと言われるとどうかという気もしましたが…

 

まとめ

試合時間はやはり高校野球の平均ぐらいが野球観戦のベストなのかもしれませんね!

 

攻撃守備の交代時には一目散に走ってあっという間に準備して守備に就く…

 

見ていて気持ちいいですもんね!

 

プロではそこまでしろとは思いませんが、この部分は見習ってほしい部分でもありますよね!