岡本選手画像
 

2014年にドラフト1位で読売ジャイアンツに指名され、将来の大砲候補として期待されている岡本和真選手!

 

二軍で経験を積み、一軍の試合でも最近はよく見るようになりましたね!

 

守備にはまだまだ課題がありそうですが、バッティングのスケール感は飛び抜けています!

 

大砲としてファンの期待も大きく、監督やコーチからも成長を待たれている岡本選手…

 

今回はそんな岡本和真選手の詳しいプロフィールを調べてみました!

スポンサーリンク

岡本和真選手のプロフィールは?

出身地:奈良県五條市
出身高校:智弁学園高等学校
生年月日:1996年6月30日
身長:185cm
利き腕:右投
打席:右打
ポジション:左翼手、三塁手、一塁手
年俸:1,200万円(2017年現在)

引用:wikipedia

小学校1年生から野球を始めた岡本選手は、軟式野球チームで投手兼内野手としてプレイしました。

 

小学4年生にして4番を任され、投手としては3年生ですでに100キロの球を投げていて地元では有名な天才少年として知られていました。

 

中学に進学するとシニアチームに入団し、投手兼三塁手としてプレイし、2年生で全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップでベスト4に進出を果たします。

 

3年生時にもシニアの日本代表の4番として活躍し、打率5割越えを記録します。

 

中学3年生時には135キロの球を投げれる程に成長していましたが、右ひじの剥離骨折の為に野手としてプレイしていく事になります。

 

中学3年で135キロって相当ヤバいですよね?怪我をしてなくて投手一本でやっていてもプロに入っていたのでは…?と思ってしまいますね!

 

そんな怪物中学生として全国に名を知られた岡本選手には20校もの強豪校からスカウトが来ます。

 

その中から子供の頃からの憧れであった、智弁学園に入学を決めました。

 

1年生の春からベンチ入りし、秋からはなんと1年にして名門智弁学園で4番を任されます。

 

甲子園には1度出場を果たすものの、強豪明徳義塾に1回戦で敗れてしまい、これが最初で最後の甲子園となりました。

 

岡本選手の高校通算のホームラン数は73本。歴代トップとまではいかないもののかなり多い数字です。

 

そもそも高校通算という数字は学校ごとに試合数も違うので、あんまりアテになるものではないんですよね!

 

それでも50本を超えるような選手は、やはり凄いパワーを秘めているケースがほとんどなのでプロに行く人が多いと感じます。

 

中学の時と変わらず高校でもその知名度は知れ渡っていた岡本選手。

 

2014年のドラフト会議では読売ジャイアンツから1位指名を受けました。

 

巨人がドラフト1位で高校生野手を指名するのは、2008年の太田泰示選手以来6年振りの事。

 

やっぱりドラフトでは即戦力の投手を欲しがりますからね…。高卒野手で1位指名をするのはかなり期待されている証拠ともいえます。

スポンサーリンク

岡本和真選手の成績や年俸は?

ドラフト指名後、岡本選手は巨人軍と契約金8,000万、年俸1,200万円で契約。

 

期待のドラ1高卒野手として日本一注目されるチームの巨人でプレイしていく事となります。

 

2015年のルーキーイヤーは二軍のレギュラー三塁手の座を獲得。

 

二軍で結果を残し、8月には1軍登録をされるとその月に初出場を果たし、9月には代打で出場した試合でプロ初安打、プロ初打点、プロ初本塁打を記録しました。

 

巨人の高卒野手が一軍公式戦でホームランを記録したのは1993年の松井秀喜選手以来22年振りの事で、代打としてのホームランは球団史上最年少となりました。

 

あの松井選手以来と聞くだけでワクワクしてしまいますよね!

 

その後もサードの村田選手がケガをした穴埋め等でスタメン出場も果たします。

 

初年度の成績は打率.214 1本塁打 4打点となりました。

 

物足りなく感じるかもしれませんが、高卒1年目で試合に出てる時点でもう凄い事ですからね…

 

2年目の2016年はキャンプには一軍に帯同するもののオープン戦では不調で、二軍スタート。

 

ですが将来を見据え二軍では4番に固定され、18本塁打、74打点を挙げて打点王のタイトルを二軍で獲得します。

 

この年は1軍では3試合しか出場出来ず、岡本選手にとっては悔しいシーズンとなりました。

 

この時点での年俸は1,200万円となっていました。

 

2016年にオフには結婚も発表し、2017年以降のブレイクに備えて下準備は済みました。

 

入団2年目ってことは二十歳で結婚ですからかなり早いですよね!

 

2017シーズンではレギュラー獲りを目指し奮闘していましたが、サードの既存のレギュラー村田修一選手がいるにも関わらず、同じ守備位置の元楽天のケーシー・マギー選手を補強し岡本選手はレフトへと転向する事になりました。

 

やはりプロは厳しいですね…村田選手だけでも高い壁なのに助っ人まで…

 

岡本選手には初の挫折となりますが、くじけず外野手としてレギュラーを獲ってほしいですね!

 

岡本和真選手の性格は?

奈良の山間部という擦れていないエリアで育ったせいか、ホンワカとした穏やかで控えめな優しい性格なんだそうです!

 

ユーモアもあるみたいでこんなエピソードもあります。

 

・プロ入り後初の出場選手登録を果たした2015年8月28日には、対東京ヤクルトスワローズ戦(神宮)の試合前チームミーティングで、「奈良県から来ましたジョニー・デップです」と自己紹介。居並ぶ先輩選手の笑いを誘った

・2016年10月には、ファーム日本選手権でMVPを獲得した後も、開催地の宮崎に残ってフェニックスリーグに参加していた。しかし、一軍がレギュラーシーズン2位でクライマックスシリーズへの進出を決めたことなどから、4日に急遽一軍へ合流。自身4ヶ月振りの一軍昇格でもあったことから、全体練習前のミーティングで「雨にも負けず、風にも負けず、宮崎から来ました、反町隆史です」と挨拶したところ、一緒に円陣を組んでいた首脳陣やチームメイトから一斉に笑いが起きた
引用:wikipedia

とりあえず自己紹介の時に有名人の名前を騙るのが持ちネタみたいですね! 笑

 

大人しいと言われながらもこんなムードメーカー的な部分も持ち合わせている岡本選手。

 

とても好感がもてますよね!

岡本和真選手の結婚相手は?

岡本選手は20歳にして2016年に結婚しています。

 

その気になるお相手は、神奈川県出身の化粧品会社に勤める一般の女性だそうです!

 

年齢は2つ年上で早くもジャイアンツ寮を退寮し、新婚として同居を始めています。

 

交際が始まったのは2015年の12月だそうです。

 

2014年の夏に甲子園に観戦に来ていた一般女性と試合後に顔を合わせるタイミングがあったのが出会いだったそうな…

 

巨人入り後都内の化粧品店で再開し、その女性のとてもレベルの高い面白さ惹かれてお店に通い詰めて彼女のハートを射止めたようです!

 

好きなところが「面白い」っていうのがまた違う意味で面白いですね!

 

家庭を守ってくれるお嫁さんも出来て、これで安心して野球に専念出来ますね!

まとめ

今は村田選手やマギー選手という厚い壁にが阻まれていますが、将来的には巨人の看板選手になる事を期待されていますね!

 

スイングの鋭さとパワーは飛び抜けた物があるだけに、1軍レベルに早く適応して巨人のスタメンどころかホームラン王まで期待したい所です!

 

この先も岡本和真選手には注目ですよ!