読売巨人軍の正捕手となり、WBCでの大活躍で一気に日本トップクラスの捕手という評価を受け始めた小林誠司選手…

 

阿部選手の後を受け継ぎどんどん成長していますよね!

 

その端正な顔立ちから、「超イケメン」としても有名な小林選手。

 

これから日本を代表する捕手として期待されています。

 

そんな小林選手はどんな性格なのか?彼女はいるのか?

 

色々と気になりますよね!

 

今回はそんな小林誠司選手について調べてみました!

スポンサーリンク

小林誠司選手のプロフィールは?

出身地:大阪府堺市
出身高校:広陵高等学校
生年月日:1989年6月7日
身長:178センチメートル
利き腕:右投
打席:右打
ポジション:捕手
年俸:5000万円(2017年現在)

引用:wikipedia

小林選手は父に水泳選手を持ち、母も水泳のインストラクターというスポーツ夫婦の間に生まれました。

その影響で幼少期から水泳を習っていたそうですが、小学二年生からソフトボールを始めます。

 

中学時代はシニアでプレイし、高校には野球留学で名門広陵高校に入学。

 

入学時は投手兼ショートでしたが、1年の冬に監督の助言でキャッチャーに転向します。

 

2年秋から正捕手となり、3年夏の広島大会決勝では延長11回に決勝ホームランを放ちチームを甲子園に導く活躍を見せます。

 

甲子園には2回出場しており、3年時の春には8強、夏には準優勝を経験しています。

 

チームメイトには後にプロ入りする野村祐輔、土生翔平、上本崇司らが居て、そうそうたるメンバーでした。

 

このメンバーでも甲子園は優勝出来ないんですから、本当に難しいですよね…

 

高校卒業後は同志社大学へ進学し、1年春からレギュラーとして活躍しました。

2年秋には大学日本代表に選ばれるほど知名度は上っていました。

 

リーグでは正捕手としてベストナイン3度の活躍を見せ同志社大学のリーグ戦4連覇に大きく貢献する活躍を見せます。

 

3年、4年時には全日本大学選手権に出場しますが、後に巨人でバッテリーを組むことになる菅野智之選手と広島にドラフト1位で入る大瀬良大地投手に完封負けをして悔しい思いをさせられました。

 

まさかここで完封された相手が将来自分と名バッテリーになるとは思いもしなかったでしょうね!

 

卒業後は社会人野球に進路を決めていましたが、ドラフト1位指名ならプロに行くとしてプロ志望届を出しました。

 

しかし1位指名する球団は無く、日本生命の社会人野球へ進路を決めます。

 

その日本生命では1年目からレギュラーとして全ての試合にスタメンマスクを被り、社会人ベストナインを獲得します。

 

日本生命での2年目の2013年には社会人ナンバーワンのキャッチャーとして話題になり、読売ジャイアンツからドラフト1位指名を受けプロ入りを決めます。

 

これは巨人の正捕手である阿部慎之助選手の高齢化や怪我による世代交代を考え、巨人にはキャッチャーの次世代育成が不可欠だった事もあります。

 

こうして小林選手は大学時代からの希望だったドラフト1位で名門巨人軍の一員となりました。

スポンサーリンク

小林誠司選手の成績や年俸は?

読売ジャイアンツと2014年に契約金1億円、年俸1500万円で契約した小林選手は、阿部選手の後釜として期待され、開幕戦から出場を果たすなど首脳陣からの期待も集まりました。

 

この年は阿部選手がケガで捕手を守れないケースが多く、ファーストでの起用が多かった為に小林選手がスタメンマスクを被る試合もかなり増えました。

 

最終的に63試合の出場で打率.255 2ホームラン 14打点を記録し、盗塁阻止率は抜群の.417を記録して自慢の肩を見せつけました。

 

盗塁阻止率は5割あれば神、3-4割でプロとしては充分と言われている数字でまだ1年目の小林選手から考えれば素晴らしいものと言っていいと思います。

 

2年目の2015年には開幕前に日本代表に選ばれる事も発表され、巨人だけではなく日本の捕手としての成長が期待されました。

 

この年は阿部選手の一塁手転向が発表され、前年同様にスタメンマスクの試合が増え、前年を上回る70試合に出場するも、打撃面には課題を残しました。

 

2015年の成績は打率.226 ホームラン2本 打点13と前年よりダウンしてしまいます。

盗塁阻止率は.438と前年より上げており、やはり肩には絶対の能力を見せつけました。

 

小林選手の送球って見てても凄いノビがあるんですよね。

坂本選手が二塁で送球を受け取る時、手が痛いと言っていました 笑

 

2016年にはチーム事情で阿部選手をキャッチャーでも再起用する事を発表するも、故障の影響で捕手としてはほとんど阿部選手は出場出来ず、小林選手が完全なスタメンキャッチャーとして定着する年となりました。

 

6月に骨折をして一時離脱をしますが、すぐに戻るタフネス面も見せつけこの年は自己最多の129試合に出場して、12球団の中では唯一規定打席に到達したキャッチャーとなりました。

 

どこも今はキャッチャー事情が苦しくてスタメンマスクが固定出来ていないんですよね…

 

しかし打撃には相変わらず課題を残したままになり、打率は.204 ホームラン4本 打点35と低調に終わってしまいます。

 

相変わらず盗塁阻止率では.356と前年を下回る数値になるもセリーグではトップの阻止率も記録しました。

 

多くのスタメンマスクをこなした事が評価され年俸は2016年末に5000万となりました。

 

2017年に行なわれたWBCでは日本代表の捕手として全試合のマスクをかぶり、守備面でも攻撃面でも大活躍を見せました!

 

この大会の「ラッキーボーイ」と呼ばれる程の活躍で、課題と言われていた打撃でもチームトップの.450の打率と1ホームラン6打点と短期の試合では驚異的な数値を残しました。

 

世界を相手の大舞台だと成績を上げてくるなんて…不思議な人ですよね!
メジャーリーガーのピッチャー相手にカンカン打つのでびっくりしました。

 

WBCの勢いそのままに2017年も巨人のレギュラーとして活躍する小林選手は、ペナントレースでもラッキーボーイとなれるか注目ですね!

 

【小林誠司選手の性格は?】

とにかく強気なリード(配球)をする面も見られて、とても強気な性格な面が強く見えます。

 

菅野選手が言うには、「普段はおっとりしてるけどリードは超強気」と言うように、試合中は性格が変わる人なのかもしれませんね!

 

ゲームの実況パワフルプロ野球の宣伝で、菅野選手と小林選手が対戦する動画では趣旨笑顔でおおはしゃぎしている場面が見られて、想像より相当明るい選手だなぁという感想を持ちました。

 

なんというか天然な部分も結構あるようで、コーチのお説教中にパンを食べていて怒られたり、マイペースな部分が周りを怒らせる部分もあるようですね;

 

阿部選手という偉大すぎる、前キャッチャーと比べられるのもかなり辛い所だと思いますが、めげずに頑張っている姿には好感が持てますよね!

 

【小林誠司選手の彼女は?

2015年にフジテレビアナウンサーの「宮澤智」さんとのフライデーが報じられて話題となりました。

 

2012年にフジテレビに入社した「宮澤智」さんは、その年に平井理央アナウンサーが退職した事により、野球好きにはお馴染みの番組「すぽると!」のメインキャスターとして起用され、お馴染みの野球ファンも多いんじゃないでしょうか?

 

こんな人気の宮澤智さんとの交際ですが、それ以降お付き合いの報道は出る事はなく、2017年現在では破局したと言われています。

 

やはり人気どころのアナウンサーとなると局も結婚させたくないでしょうし、小林選手もまだ完全に一流と言える成績を残せてないので、障害になったんですかね…?

 

とてもイケメンな小林選手だけに、この先も彼女や結婚相手が気になりますね!

まとめ

この先巨人を支えていく選手として日々成長を見せる小林選手。

 

出場しているだけでその強い肩で、相手の盗塁自体を抑止してる場面も多いですよね!

 

肩が凄いだけにバッティングが成長すれば、本当に古田選手の様な大捕手になるかもしれませんね!

 

今後も小林選手には注目です!