出典:日本生命セ・パ交流戦2017

 

 

交流戦とは、普段はセントラル・リーグとパシフィック・リーグに分かれていて、対戦しない球団との試合が実現されるプロ野球ファンにとっては嬉しい試合制度です!

 

昔はオールスターや、日本シリーズでしか見れなかった夢の対戦が毎年当たり前に見れるようになった今の時代は素敵ですよね!

 

今年も交流戦を楽しみにしている方も多いんじゃないでしょうか?

 

交流戦の行われていなかった過去には、人気のセ・リーグ、実力のパ・リーグなんて言われている時代もありました。

 

しかし実際に戦うようになってからは、リーグというより特定チームの強さが発揮されている感じがしますね!

 

今回はそんな交流戦の詳細や日程を詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

交流戦とは?

元々は同一リーグでしか対戦が無かったので、何度も作ろうと言われていた制度なんですが、セ・リーグ側が拒否してなかなか実現しませんでした。

 

何故かというとやはり「巨人戦」のテレビ放映権をメインの収益にしている球団が多く、交流戦によって巨人戦が減る事によりセリーグ側にはメリットを見込めなかった事にあります。

 

しかし、2004年に近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブが合併を行う等いわゆる「プロ野球再編問題」により、セリーグのチームも危機感を覚え、交流戦に前向きになり話し合いが進められました。

 

その後選手会と球団経営者で話し合いを進めた結果交流戦の採用が決まり、2005年から実際に行なわれる事になります。

 

2005年から行われた交流戦では、違うリーグの各チームごとに、ホームとビジターで3試合ずつ行う事になり合計36試合を各チームが戦うという規定でした。

 

2007年からはセリーグでのプレーオフ制度(クライマックスシリーズ)導入による際に試合数の調整が行われて、1シーズン144試合制を採用しました。

 

それにより交流戦は各チームホーム2試合ビジター2試合に調整され、合計24試合という規定になります。

 

そして2015年から現在まで採用されている規定では、どちらかのホームでの3連戦を全チームでするという合計18試合の方式に変更されています。

 

現在では、昔の「どこが一番強いのか?」というのを決めるルールより「セリーグVSパリーグ」という図式に重点が置かれていて、リーグ対抗戦という点に重きが置かれています。

 

しかし試合数が減ったとはいえ、交流戦から勢いをつけてそのまま走りきってしまうチーム等も多く、かなり重要視されていますね!

スポンサーリンク

交流戦のルール

交流戦には独自のルールも設けられています。

以下の通りになります。

予告先発制度を採用する(2012年度より)。
パ・リーグだけで採用されている指名打者は、パ・リーグ球団の主催試合のみで採用する。
2014年に限り逆転し、セ・リーグ球団の主催試合のみで採用する。
延長戦は他の公式戦同様に最大12回までとし、決着しない場合は引き分け。再試合も実施しない。
投球が打者の顔面、頭部、ヘルメットなどに直接当たり、審判がそれを危険球とみなした場合、その投手は即退場となる。
投手は塁に走者がいない場合、捕手からボールを受けて15秒以内に投球しなければならない(15秒ルール)。
監督・コーチがマウンドに行ける回数は投手1人につき1イニングに1回で、2回目は投手を交代させなければならない。
ベンチ登録はコーチが監督を含めて8人、選手25人。その他マネジャー、トレーナー、スコアラー、広報が各1人ずつ。通訳も原則は1チーム1名だが2ヶ国語以上の通訳を要する場合は2名とすることが認められる。
ユニフォームのスポンサー広告は、セ・リーグに準じてホーム用のみとする。
パ・リーグでのみ2011年まで採用されていたサスペンデッドゲームは、交流戦では全試合で採用しない(但し、2011年以前も採用されていなかった)。
引用:wikipedia

 

長い文ですが簡単に説明しますと…

  • パリーグでのホームゲームだけDH制度(指名打者)を採用する
  • 延長戦は普段と同じで12回まで。決着が付かなければ引き分け
  • 頭部に当たるような危険な死球は即退場。これも公式戦と同じですね。
  • ランナーが居ない場合は投手はボールを受け取って15秒以内に投げなきゃダメ
  • 監督やコーチがマウンドに行けるのは1イニング1回まで。それ以上は交代しなければならない
  • ベンチには首脳陣8人まで。選手は25人まで。マネージャー、トレーナー、スコアラー、広報が各一人までOK。通訳も基本的には一人だが、例外もあり。
  • ユニフォームに付ける広告はホームの時だけOK

 

こんな感じになります!

サスペンデッドゲームについての詳細は省きますが、2011年から採用自体されていないので気にしないでも大丈夫ですね!

交流戦の日程は?

2017年に行なわれる交流戦の日程はすでに全部発表されています!

5月30日~6月10日までの期間となっていますね!

 

詳細の試合スケジュールは以下の通りになります。

5/30(火) 日本ハム – DeNA 札幌ドーム 18:00
楽天 – 巨人 Koboパーク宮城 18:00
西武 – 広島 メットライフ 18:00
ロッテ – 阪神 ZOZOマリン 18:15
オリックス – ヤクルト 京セラD大阪 18:00
ソフトバンク – 中日 ヤフオクドーム 18:00
5/31(水) 日本ハム – DeNA 札幌ドーム 18:00
楽天 – 巨人 Koboパーク宮城 18:00
西武 – 広島 メットライフ 18:00
ロッテ – 阪神 ZOZOマリン 18:15
オリックス – ヤクルト 京セラD大阪 18:00
ソフトバンク – 中日 ヤフオクドーム 18:00
6/1(木) 日本ハム – DeNA 札幌ドーム 18:00
楽天 – 巨人 Koboパーク宮城 18:00
西武 – 広島 メットライフ 18:00
ロッテ – 阪神 ZOZOマリン 18:15
オリックス – ヤクルト 京セラD大阪 18:00
ソフトバンク – 中日 ヤフオクドーム 18:00
6/2(金) 巨人 – オリックス 東京ドーム 18:00
ヤクルト – 西武 神 宮 18:00
DeNA – ソフトバンク 横 浜 18:00
中日 – 楽天 ナゴヤドーム 18:00
阪神 – 日本ハム 甲子園 18:00
広島 – ロッテ マツダスタジアム 18:00
6/3(土) 巨人 – オリックス 東京ドーム 14:00
ヤクルト – 西武 神 宮 14:00
DeNA – ソフトバンク 横 浜 14:00
中日 – 楽天 ナゴヤドーム 14:00
阪神 – 日本ハム 甲子園 18:00
広島 – ロッテ マツダスタジアム 14:00
6/4(日) 巨人 – オリックス 東京ドーム 14:00
ヤクルト – 西武 神 宮 13:00
DeNA – ソフトバンク 横 浜 13:00
中日 – 楽天 ナゴヤドーム 14:00
阪神 – 日本ハム 甲子園 14:00
広島 – ロッテ マツダスタジアム 13:30
6/5(月) 阪神 (予備日) 日本ハム 甲子園 18:00
6/6(火) 日本ハム – 広島 札幌ドーム 18:00
楽天 – DeNA 山 形 17:00
西武 – 巨人 メットライフ 18:00
ロッテ – 中日 ZOZOマリン 18:15
オリックス – 阪神 京セラD大阪 18:00
ソフトバンク – ヤクルト ヤフオクドーム 18:00
6/7(水) 日本ハム – 広島 札幌ドーム 18:00
楽天 – DeNA Koboパーク宮城 18:00
西武 – 巨人 メットライフ 18:00
ロッテ – 中日 ZOZOマリン 18:15
オリックス – 阪神 京セラD大阪 18:00
ソフトバンク – ヤクルト ヤフオクドーム 18:00
6/8(木) 日本ハム – 広島 札幌ドーム 18:00
楽天 – DeNA Koboパーク宮城 18:00
西武 – 巨人 メットライフ 18:00
ロッテ – 中日 ZOZOマリン 18:15
オリックス – 阪神 京セラD大阪 18:00
ソフトバンク – ヤクルト ヤフオクドーム 18:00
6/9(金) 日本ハム – 巨人 札幌ドーム 18:00
楽天 – 広島 Koboパーク宮城 18:00
西武 – DeNA メットライフ 18:00
ロッテ – ヤクルト ZOZOマリン 18:30
オリックス – 中日 京セラD大阪 18:00
ソフトバンク – 阪神 ヤフオクドーム 18:00
6/10(土) 日本ハム – 巨人 札幌ドーム 18:00
楽天 – 広島 Koboパーク宮城 14:00
西武 – DeNA メットライフ 14:00
ロッテ – ヤクルト ZOZOマリン 14:00
オリックス – 中日 京セラD大阪 14:00
ソフトバンク – 阪神 ヤフオクドーム 14:00
6/11(日) 日本ハム – 巨人 札幌ドーム 14:00
楽天 – 広島 Koboパーク宮城 13:00
西武 – DeNA メットライフ 13:00
ロッテ – ヤクルト ZOZOマリン 14:00
オリックス – 中日 京セラD大阪 13:00
ソフトバンク – 阪神 ヤフオクドーム 13:00
6/12(月) ロッテ (予備日) ヤクルト ZOZOマリン 18:15
6/13(火) 巨人 – ソフトバンク 東京ドーム 18:00
ヤクルト – 楽天 神 宮 18:00
DeNA – ロッテ 横 浜 18:00
中日 – 日本ハム ナゴヤドーム 18:00
阪神 – 西武 甲子園 18:00
広島 – オリックス 三 次 18:00
6/14(水) 巨人 – ソフトバンク 東京ドーム 18:00
ヤクルト – 楽天 神 宮 18:00
DeNA – ロッテ 横 浜 18:00
中日 – 日本ハム ナゴヤドーム 18:00
阪神 – 西武 甲子園 18:00
広島 – オリックス マツダスタジアム 18:00
6/15(木) 巨人 – ソフトバンク 東京ドーム 18:00
ヤクルト – 楽天 神 宮 18:00
DeNA – ロッテ 横 浜 18:00
中日 – 日本ハム ナゴヤドーム 18:00
阪神 – 西武 甲子園 18:00
広島 – オリックス マツダスタジアム 18:00
6/16(金) 巨人 – ロッテ 東京ドーム 18:00
ヤクルト – 日本ハム 神 宮 18:00
DeNA – オリックス 横 浜 18:00
中日 – 西武 ナゴヤドーム 18:00
阪神 – 楽天 甲子園 18:00
広島 – ソフトバンク マツダスタジアム 18:00
6/17(土) 巨人 – ロッテ 東京ドーム 18:00
ヤクルト – 日本ハム 神 宮 14:00
DeNA – オリックス 横 浜 14:00
中日 – 西武 ナゴヤドーム 14:00
阪神 – 楽天 甲子園 14:00
広島 – ソフトバンク マツダスタジアム 14:00
6/18(日) 巨人 – ロッテ 東京ドーム 14:00
ヤクルト – 日本ハム 神 宮 13:00
DeNA – オリックス 横 浜 13:00
中日 – 西武 ナゴヤドーム 14:00
阪神 – 楽天 甲子園 14:00
広島 – ソフトバンク マツダスタジアム 13:30
引用:日本生命セ・パ交流戦2017

以上が全試合の日程になります!

まとめ

今年も予定通りセ・パ交流戦が行われる予定ですね!

 

見たかったけど、普段見れない好きな選手同士が激突する場面などが見れるのが楽しみですよね!

 

今年も交流戦の結果から勢いを付けたチームが優勝争いに参加するなどが予想されますし、気が抜けない試合を見れそうですね!