2017年の甲子園も本番間近となり、とうとう8月4日に組み合わせ抽選が行われました。

 

その組み合わせの結果はなかなかの衝撃的なモノとなり、高校野球ファンは大騒ぎとなっています。

 

1回戦から激戦カードが組まれた為に、優勝候補も選手を出し惜しみする事は難しく力を温存する事も難しくなりました

 

毎年1回戦から注目カードが不思議と出来上がるのが、高校野球の妙でもあり楽しみでもあります。

 

今回はそんな2017年夏の1,2回戦の組み合わせや注目カードを発表します。

スポンサーリンク

2017年夏甲子園初戦の組み合わせ抽選結果は?

出典:ツイッター

 

 

8月4日(金)に2017年の夏第99回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が行われ、出場校全ての初戦の相手が決まりました。

 

第1日目:8月7日(月)

1回戦
第1試合 10:30 彦根東vs波佐見
第2試合 13:00 済美vs東筑
第3試合 15:30 藤枝明誠vs津田学園

 

第2日目:8月8日(火)

1回戦
第1試合 8:00  作新学院vs盛岡大付
第2試合 10:30 松商学園vs土浦日大
第3試合 13:00 前橋育英vs山梨学院
第4試合 15:30 日大山形vs明徳義塾

 

第3日目:8月9日(水)

1回戦
第1試合 8:00 木更津総合vs日本航空石川
第2試合 10:30 開星vs花咲徳栄
第3試合 13:00 聖光学院vsおかやま山陽
第4試合 15:30 早稲田佐賀vs聖心ウルスラ

 

第4日目:8月10日(木)

1回戦
第1試合 8:00 広陵vs中京大中京
第2試合 10:30 横浜vs秀岳館
第3試合 13:00 興南vs智弁和歌山
第4試合 15:30 大阪桐蔭vs米子松蔭

 

第5日目:8月11日(金)

1回戦
第1試合 9:30 滝川西vs仙台育英
第2試合 12:00 日本文理vs鳴門渦潮

2回戦
第3試合 14:30 北海vs神戸国際大付

 

第6日:8月12日(土)

2回戦
第1試合 8:00 大垣日大vs天理
第2試合 10:30 三本松vs下関国際
第3試合 13:00 明桜vs二松学舎大付
第4試合 15:30 明豊vs坂井

 

第7日:8月13日(日)

2回戦
第1試合 8:00 京都成章vs神村学園
第2試合 10:30 高岡商vs東海大菅生
第3試合 13:00 青森山田vs第1日第1試合の勝者

 

抽選の結果初戦の対戦カードはこの様に決まりました。

 

 

抽選のルールなどを知りたい方は下記の関連記事を参考にご覧ください。

関連記事:2017年夏の高校野球甲子園の抽選日はいつ?日程や時間について

 

スポンサーリンク

甲子園初戦注目の対戦カードは?

 

 

なんと注目カードは4日目の8月10日(木)に集中。

1回戦からこの日は満員必至の好カード連発となりました。

 

まずは8月10日1試合目の広陵(広島)VS中京大中京(愛知)のカード。

共に今年上位の力を持っている学校と下馬評では言われており、優勝候補にも挙げている人もいます。

圧倒的な実績を持つ中京大中京に今年はレベルの高いバッテリーが揃っている広陵…激戦です。

 

 

そして8月10日2試合目のエグすぎる対戦。

横浜(神奈川)VS秀岳館(熊本)の超好カード。

 

共に今大会で上位進出が予想される強豪同士の対戦。

共にプロのスカウトがチェックするレベルの選手を複数抱えている学校で、間違いなく初戦カードの中で最も激しい対戦カードです。

 

更に8月10日3試合もこれまた強豪同士。

今年強いと言われている興南(沖縄)VS名門智弁和歌山(和歌山)が激突。

ここもいきなり強豪同士の対戦。

 

そして8月10日4試合目には「超優勝候補大阪桐蔭(大阪)VS米子松陰(鳥取)という大本命大阪桐蔭の出場カード。

何故4日目にここまで集中してしまったのか…?と思いたくなるほどの組み合わせです。

 

他にも8月8日8時からの第一試合、昨年の覇者作新学院(栃木)VS盛岡大附(岩手)の試合も見逃せませんし、8月11日9時半から行われる滝川西(北北海道)VS仙台育英(宮城)の対戦も激戦です。

 

しかしやはり大注目は4日目に集まった屈指の強豪校同士の試合で、この日のチケットは想像以上に取得難易度が上がりそうですね…

 

 

それでも当日券チケットを購入して見に行くぞ!って気合の入った方は下記の記事を参考にしてみてください。

関連動画:2017年高校野球の甲子園チケット!料金や買い方、座席について【2017/7/23追記】

 

 

注:2017年夏甲子園は台風の影響の為開幕日は8月8日(火)に順延。【2017年8月6日追記】

 

2017年の夏の甲子園は8月7日から第1試合が行われる予定でしたが、台風の影響の為1日ずらして8月8日からに順延されました。

観戦予定の方はご注意下さい。

 

注目の4日目のカードは11日(金)の祝日に行なわれる事になったので、仕事のある方には朗報かもしれませんね!

 

まとめ

1回戦から横浜と秀岳館、広陵と中京大中京、興南と智弁和歌山という激戦区が生まれてしまった2017年夏の甲子園大会。

 

どんなに強いチームでも1回戦で当たってしまえばどちらかが必ず消えるという事ですし、ベンチの力も含めた総合力が試されます。

 

毎試合抽選方式となってからは、かなりのドラマが生まれる甲子園大会。

今年は一体どんな波乱を演出してしまうのでしょうか?