大阪甲子園の画像

 

2017年のセンバツでは決勝が大阪同士の対決になるなど、全国でも屈指の野球レベルの高さを見せつける大阪地区。

 

あれだけの学校が甲子園に出ているのに、大阪で決勝対決になってしまうなんて大阪のレベルはどこまで凄いんだ…?と驚いてしまいましたよね!?

 

大阪出身のプロ野球選手も多数いて、甲子園でも常に優勝候補…

 

この理由は個人的に大阪人の野球愛が成せるものだと思っています!

 

阪神タイガースの試合の甲子園でのお客さんの満員ぶりを見ても地域的に、野球色が強く幼年時代からの野球経験者も多いからだと予想しています。

 

ダルビッシュや、田中将大、前田健太、坂本勇人等プロに行くだけではなく、トップ選手として活躍する選手を輩出出来る環境が大阪にはあるのだと思います!

 

他県の名門校の選手を見ても大阪出身の子が沢山いますからね…

 

今回はそんな大阪の高校の強豪校のランキングを紹介します!

スポンサーリンク

5位:上宮太子高校

なんか凄い皇族っぽさを感じる名前ですが、そうではないそうです。

 

2016年の秋に府内23連勝中の履正社高校を破り、なんとスポーツ特待生枠の生徒0人のつまり「一般枠」での生徒だけで超激戦区大阪の秋の大会を制して注目度を上げました。

 

私立学校ではあるのですが、環境は公立と同レベルの設備しかなく、その分を1年のうち元旦以外の364日の猛練習で強豪校との差を埋めているようです!

 

1年で1日しか休みがないって…僕なら1か月以内にリタイア確定です 笑

 

現在大阪は大阪桐蔭と履正社の「超二強」となっており、甲子園には大体ほぼこのどちらかが出てきているイメージです。

 

その大阪桐蔭を破って勝ち上がって来た、履正社高校を破ってしまったのですから、これはマグレとかそういう次元ではありませんよね!しかも圧勝スコアで…

 

やはり、超猛練習により底力が付いていたのが爆発したのでしょうね。

 

練習は人を裏切らないとは言いますが、結構裏切ったりしますけど、結局やる事はとにかく練習する事が一番ですもんね!

 

この勢いで夏にも活躍を見せてくれるのか期待ですね!

 

甲子園成績

春の甲子園出場:1回
夏の甲子園出場:1回

 

上宮太子高校出身の主なプロ野球選手

・亀井義行 (読売ジャイアンツ)

スポンサーリンク

4位:金光大阪高校

金光大阪(こんこうおおさか)高校は2016年には夏の甲子園大阪大会にて決勝まで勝ち上がるも、履正社の壁の前に打ち砕かれてしまいました。

 

しかし大阪では強豪として名を知られており、2002年、2007年、2009年の3回の甲子園出場も果たしています。

 

近年でも好成績を連発しており、甲子園への期待感が相当高い学校です。

決勝で敗れた悔しさをバネにリベンジを胸に秘めています。

 

設備も充実しており、高校レベルでは珍しい人工芝のグラウンドもあり、選手は練習に集中出来る環境作りがされています。

また芸能人の宮迫博之さんや、サッカー選手の家永昭博さんの出身高校としても知られています。

 

甲子園成績

春の甲子園出場:2回

夏の甲子園出場:1回

 

金光大阪高校出身の主なプロ野球選手

・吉見一起(中日ドラゴンズ)

3位:大体大浪商高校

正式名称は大阪体育大学浪商(おおさかたいいくだいがくなみしょう)高等学校となっています。

 

通称では「なみしょう」と呼ばれる事が多いそうです。

 

過去の昭和20年代や30年代の時代に栄光の時代を迎えていた高校で、当時にセンバツや夏の甲子園優勝を果たしています。

 

その後は他私学も力を付けて来て、昭和50年代にはあの「PL学園」が登場し、平成に入るまではPL学園一強時代となってしまい、1979年を最後に長い間夏の甲子園からは遠ざかっています。

 

しかし、近年はまた力を付けて来ていて、大阪地区大会で準優勝や、準々決勝まで駒を進める機会が増えて来て、古豪復活の勢いを感じますね!

 

甲子園成績

春の甲子園出場:19回 優勝2回 準優勝3回
夏の甲子園出場:13回 優勝2回

 

大体大浪商業高校出身の主なプロ野球選手

・張本勲 (東映フライヤーズ-日拓ホームフライヤーズ-日本ハムファイターズ-読売ジャイアンツ-ロッテオリオンズ)

・高田繁 (読売ジャイアンツ)

・牛島和彦(中日ドラゴンズ-ロッテオリオンズ-千葉ロッテマリーンズ)

・香川伸行(南海ホークス-福岡ダイエーホークス)

・高宮和也(横浜ベイスターズ-オリックス・バファローズ-阪神タイガース)

スポンサーリンク

2位:履正社高校

大阪地区の二強と言われる双璧の高校の1つが履正社(りせいしゃ)高校です!

 

監督の岡田氏は1987年から30年チームを率いており、名将として名が知られています。

 

履正社のこだわりは「つなぐ野球」でバント、走塁にはスランプがないという持論をもとに、強豪となった今でも堅実な野球をします。

 

あのヤクルトのトリプルスリー達成者の山田哲人選手も岡田監督の教え子です。

 

甲子園では最早お馴染みの高校となっており、特にセンバツには2006年~2017年までの11年の間に7回出場しており、まさに近年の「甲子園常連校」といって差し支えはありませんね!

 

一方夏の甲子園は苦手としているイメージが強く、出場しても未だに3回戦の壁を突破出来ておらず、悔しい思いをしています。

 

しかし、センバツでの強さを見る限り、全国レベルでも優勝を争う力を確実に持っていると思うので、投打が噛み合った時の履正社高校は一気に全国制覇をしてしまうかもしれませんね!

 

ライバルの大阪桐蔭高校との熱い対戦は見物です!

 

甲子園成績

春の甲子園出場:7回 準優勝2回
夏の甲子園出場:3回

 

履正社高校出身の主なプロ野球選手

寺島成輝 (ヤクルトスワローズ)
山田哲人 (ヤクルトスワローズ)
・坂本誠志郎(阪神タイガース)
・岸田護  (オリックス・バファローズ)
T-岡田  (オリックス・バファローズ)

1位:大阪桐蔭高校

大阪桐蔭(おおさかとういん)高校の野球部は、1988年に創部されました。

そして創部僅か4年目の1991年には春、夏共に甲子園に出場するという偉業を成し遂げます。

その1991年夏の甲子園では初出場・初優勝という離れ業もやってのけてしまいます。

 

何十年やっても甲子園に出る事すらとても難易度の高い事なのに、数年で出場どころか優勝しちゃうとかビックリしちゃいますね!

 

ちなみに創部4年目での夏の甲子園制覇は全国でも史上最速の記録として残っているそうです。

 

2017年のセンバツでも履正社高校との「大阪対決」を制して優勝したのも記憶に新しいですよね!

 

何故大阪桐蔭はこんなにも強いのか?

それはやはり練習内容や環境、食事にもこだわった選手育成方法にあるみたいです。

 

練習するためのグラウンドは奈良方面にある生駒山の中にあるそうで、授業後練習に向かう時は、上級生はバスで練習場に向かいますが、レギュラーではない1年生は毎日きつい傾斜の山道を走っていくそうです。

 

約5キロの距離だそうですが、考えただけでも地獄ですね…

 

朝からどんぶり三杯も「ノルマ」だそうで、食事による強い体作りも練習の一環となっているようです。

 

なにしろご飯を食べきるまでは食堂から出れないらしいです…

楽しい食事の時間すら練習として体を鍛える場としてしまうなんて、強い訳ですよね…?

 

指導の面でも、日本ハムの中田翔選手のような個性的なスイングをする選手の個性を殺さず、個性を残したまま長所にするという指導を行っているそうです。

 

個性を殺さず、長所を伸ばし、徹底的な基礎トレーニングも叩き込む。

 

言うのは簡単ですが、実行して結果まで残すのは並大抵の事ではありませんね!

 

選手は全員寮生活をしており、携帯電話も持ち込み禁止だそうな…

 

15歳から18歳というまだ子供といっていい時期に、この環境を耐えしのいで上がってくる選手達には尊敬という感情しか出てきません…

 

自分なら3日もつのかどうか… 笑

 

毎年の様に大阪代表としてセンバツ、夏の甲子園に出てくる大阪桐蔭高校…

 

このチームがまた甲子園で優勝する日は遠くないかもしれませんね!

 

甲子園成績

春の甲子園出場:9回 優勝2回
夏の甲子園出場:8回 優勝4回

 

大阪桐蔭高校出身の主なプロ野球選手

・今中慎二 (中日ドラゴンズ)
中村剛也 (埼玉西部ライオンズ)
・岩田実  (阪神タイガース)
・西岡剛  (千葉ロッテマリーンズ-阪神タイガース)
辻内崇伸 (読売ジャイアンツ)
平田良助 (中日ドラゴンズ)
中田翔  (北海道日本ハムファイターズ)
浅村栄斗 (埼玉西部ライオンズ)
藤波晋太郎(阪神タイガース)
森友哉  (埼玉西部ライオンズ)

まとめ

全国制覇の常連となっている超ハイレベルな大阪地区…

 

残念ながら甲子園の代名詞と言えるほど有名校だった「PL学園」は先日休部を発表し、近いうちに復活する予定は無いそうです。

 

1つの歴史が幕を閉じてしまって悲しいですね;;

 

しかしPLの後を継ぐ野球王国大阪の名にふさわしい、大阪桐蔭や履正社のような超強豪が存在しており、他の県からは「打倒大阪」を挙げられています!

 

大阪を倒す県は出てくるのか…?それともこのまま大阪時代を維持していくのか…

 

この大阪を中心に甲子園が揺れ続けていく事は間違いないでしょうね!

 

 

関連記事:高校野球の強豪校まとめ

関連記事:甲子園の応援歌注目ランキング!あの有名ゲームの曲やこんな曲まで!?

関連記事:甲子園の応援歌定番ランキング!お馴染みのあの曲やJPOPの有名曲も?

関連記事:甲子園歴代スター選手のランキング!あの人のその後は?(投手編)

関連記事:甲子園歴代スター選手のランキング!あの人のその後は?(打者編)