関東でも続々と甲子園出場校が決まり始めています。

 

湿度が高いうえに30度を超える厳しい環境の中、出場校数も168校と全国でもトップクラスの厳しさを誇る千葉大会も甲子園出場が決定しました。

 

決勝では木更津総合VS習志野の戦いとなり、4-3の接戦を制して「木更津総合高校」が千葉県大会を見事制しました。

 

決勝の相手「習志野」高校の日本トップレベルとも言われるブラスバンドの大応援でのプレッシャーを跳ね除けての勝利は非常に強い精神力を感じさせました。

 

これで木更津総合は2年連続となる夏甲子園出場を果たし、また甲子園で全力の校歌斉唱を見せてくれるでしょうね!

 

地元では号外も出ていて、2年連続での甲子園出場に喜びの声がSNSでも聞かれます。

 

 

今回はそんな激戦中の激戦、夏の千葉大会を制した木更津総合高校の詳細や注目の選手を紹介します!

スポンサーリンク

千葉県大会優勝の木更津総合野球部とは?

出典:wikipedia

 

木更津(きさらづ)総合高校は千葉県木更津市に所在する私立の高校です。

今大会を含めて春3回、夏6回の甲子園出場経験を持ち、特に2010年代に入ってから圧倒的な強さを見せている高校です。

夏甲子園には2012年、2013年、2016年、2017年、センバツにも2015年、2016年に出場と特に近年本当に強い学校と言えますね!

 

2017年チームのエース、山下君は全国でも屈指の左腕と言われていて、4回戦、5回戦、準々決勝、準決勝、決勝と上位に進出してから5試合を全て連投で完投しています。

全国レベルと言われるエースが在籍しているだけに、甲子園本番でも上位進出が期待されるチームですね!

 

全力で校歌を斉唱する学校として名物ともなっていて、エビ反りになってまさに「熱唱」とも言える声量で校歌を歌いあげる姿は甲子園でも見物です。

 

 

甲子園でも充分に上位を狙える強さを持っているだけに、どこまでいけるか木更津総合には注目せざるをえませんね!

スポンサーリンク

木更津総合の注目選手は?

 

前述でも名前が出たエースの「山下 輝」君に大注目です。

全国でも今年のNO.1左腕との評価を受けていて、187㎝82キロの大型左腕。

 

最速は149キロのストレートを持っていて、平均球速も140を超えている本物の速球派サウスポーです。

左腕と言えばノーコンのイメージが強いですが、山下君はコントロールも良く、切れ味鋭いスライダーで奪三振の山を築きます。

 

プロでも注目されている今大会の目玉投手の一人で、甲子園本番での大活躍が期待されています。

 

木更津総合の選手は早稲田大学に進学してしまう事も多い為に、卒業後に即プロかどうかは解りませんが、将来的にプロ野球の世界でも名前を聞く事になる選手かもしれません。

 

甲子園本番では恐らく山下君が連投する事になると思うので、いかに打線の援護で山下君を休ませながら勝ち上がれるかがキーになると思われます。

まとめ

前評判通りの強さを見せつけて全国でも上位の出場校数である激戦千葉大会を制した木更津総合高校。

 

エースのレベルが間違いなく全国トップクラスなだけに、打線の出来次第では一気に頂点へ上り詰める可能性も感じさせます。

 

甲子園本番での校歌の熱唱にも期待ですね!