各地で熱戦が繰り広げられ、この九州エリアでも続々と甲子園出場校が決まり始めています。

 

熊本県は大本命の秀岳館高校と対抗の九州学院高校が決勝で激突。

 

秀岳館が見事3-1で勝利して、2年連続の夏甲子園を勝ち取りました。

 

すでに熊本県でも号外の新聞が発行されています。

出典:ツイッター

 

九州に突如現れた平成のスーパーチームとも言われる秀岳館高校。

 

2016年のセンバツですさまじい強さを見せてベスト4に入ったインパクトは凄いものでしたよね!

 

今回は熊本を制したその秀岳館高校についての詳細や注目メンバーを紹介します!

スポンサーリンク

熊本県優勝の秀岳館高校野球部とは?

 

秀岳館好投学校は熊本県八代市に所在する私立の高校です。

高校野球ファンには「がっかん(岳館)」という愛称でもお馴染みかもしれません。

 

2016年に13年ぶりに登場したセンバツで圧倒的な強さを見せて、ベスト4に進出。

2016年夏の甲子園でもベスト4まで勝ち上がるなど、いきなり全国レベルの力を持って現れた秀岳館高校に全国を驚愕させました。

 

監督の鍛冶舎(かじしゃ)巧氏が「オール牧方ボーイズ」という大阪の名門ボーイズリーグを前に率いていた事から、牧方ボーイズ出身の選手が大勢、秀岳館へ来た事で話題となりました。

 

急に強くなった理由の要因は間違いなくこの野球留学によるものなのですが、監督自身も「ウチが勝つことで熊本のレベルが上がる」と発言していて実際にレベルの底上げにもなっています。

 

2017年のチームは前年ほど牧方ボーイズ出身の選手が多い訳では無く、九州や京都出身の選手を中心に構成されています。

 

熊本出身の選手は少なく、中学時代から評判の選手が入学する強豪校へとのしあがりました。

 

ここまで短期間で全国レベルの力を身に付ける学校は稀で、監督の太いパイプや実力、環境作りなど学校と一体となったチーム作りは見事と言えるでしょう。

 

傭兵軍団」とも言われ批判を集める事がある手法でもありますが、同じことをしたからと言って、いきなり甲子園で3連続ベスト4へ上がるチームを作るのは容易な事ではありません。

 

熊本では昔は「熊本工業」、近年では「九州学院」が熊本を圧倒していましたが、今は完全に「秀岳館」の時代へとなりました。

 

2017年夏の決勝ではライバルの九州学院との対決となり、非常に緊迫した接戦の末に9回に悪送球を契機に2点をもぎとり、見事に優勝。

 

順調に見えた秀岳館の2017年の夏でしたが、前日に監督の鍛冶舎監督が不整脈で緊急入院していて、選手にもかなり動揺があったと思います。

それを跳ね返してプレッシャーに負けずに見事に甲子園を勝ち取った秀岳館の選手はメンタルも全国レベルですね!

 

監督の容体が気になりますが、甲子園本番までには戻って来てフルパワーの秀岳館の力を見せて欲しい所です。

スポンサーリンク

秀岳館高校の注目メンバーは?

 

 

全国レベルと言われる力を持っている秀岳館だけに、プロ入りまで期待される選手が何人も在籍しています。

 

まずはエースの「川端 健斗」君。

175㎝と上背は無いですが、MAX148キロのキレのあるストレートに、切れ味鋭いスライダーで三振を取りまくるタイプの左腕の投手です。

 

2017年のセンバツ甲子園で完全に開花した選手で、センバツでは21イニングで33奪三振を奪っていて、見ている人もその奪三振ショーで楽しませてくれるスター性のあるピッチングを見せてくれます。

 

すでにプロのスカウトでも評判の選手となっていて、甲子園後はドラフト即プロ入りが噂されていて、今年NO1左腕との評判も。

 

打撃陣では今年の夏で1番のリードオフマンを務め、秀岳館の打撃を牽引した竹輪涼介」君。

 

169㎝68キロと体格豊かな選手が揃う秀岳館ではかなり小柄の部類の選手ですが、今年の夏大会ではなんと21打数16安打、打率.762という圧倒的な成績を残しています。

1番バッターが7割以上出塁するんだから、強いに決まっていますよね!

 

甲子園大会でも切り込み隊長として、秀岳館の打線爆発の契機を沢山作る事が期待されています。

 

長打は少ないタイプなので、大きいのは期待出来ませんがここまでの打率を誇る選手がトップバッターに存在するだけで他のチームからは脅威となるはずです。

 

去年は九鬼選手、松尾選手と二人の選手をプロに輩出しているだけに今年も秀岳館の選手を覚えておくとプロ入り後も楽しめるかもしれませんね!

まとめ

今回で2016年春夏、2017年の春夏と4季連続で甲子園出場となった秀岳館高校。

 

甲子園でも3季連続のベスト4へ上がっているだけに、期待されるのはやはり「全国制覇」となりますね!

 

今年もプロ注目の選手が在籍していて、充分に可能性があると思います!

 

 

 

関連記事:熊本県の高校野球強豪校ランキング!成績などの情報まとめ!