出典:デイリー

 

「守備の名人」と呼ばれてWBCでも大活躍を見せ、その名は全国区となっている菊池涼介選手。

 

守備力ばかりがピックアップされますが、打撃でもパンチ力がありホームランも打ててヒットも量産し盗塁も出来る走攻守そろった選手なんです!

 

その年俸も年々上がっていて、現在ではすでに1億円プレイヤーまで上り詰めています。

 

カープの中心選手として今後も活躍が予想される為に、年俸も年々上がり続けていく選手だと思いますね!

 

今回はそんな今脂がのっている菊池涼介選手の年俸についての詳細を紹介します!

スポンサーリンク

菊池涼介選手の年俸推移は?

出典:naverまとめ

 

菊池涼介選手の年俸推移です。

 

 年度  年俸  打率 本塁打  打点
2012年 1,000万円 .229 2 12
2013年 1,500万円 .247 11 57
2014年 3,900万円 .325 11 58
2015年 8,500万円 .254 8 32
2016年 8,500万円 .315 13 56
2017年 1億4,500万円 *** *** ***

***部分はまだ成績が出ていません。

 

菊池選手の年俸推移を見てまず感じることは「一度も年俸ダウンがない」という事ですね!

2年目以降は毎年の様に10本前後のホームランも放っていて、171㎝と小柄な割にパワーも高い選手と言えます。

 

勿論守備力が一番評価されている部分なので、打撃成績だけでは見えない部分もあるのですが2年目から打率.247にホームラン11本と二桁に乗せていて一気に3,900万円まで年俸を上げています。

 

そして3年目の2014年には打率.325に本塁打11と完全に一流選手と言える成績を残し、年俸は一気に8,500万円に。

この頃からすでに守備ではトップクラスの評価を受けていて加味されている部分だと思います。

 

2015年は打撃が低迷しますが、守備面の評価もあり年俸はダウンせず現状維持となっていますね。

 

2016年には再び3割と自己最多の13本のホームランを記録してとうとう年俸は1億を軽く超えて1億4,500万円まで上がっています。

 

打撃成績だけを見ると勿論一流レベルではあるのですが、そこまでインパクトのある数字は残していません。

ですが意外性のある打撃力があり、セーフティバントやエースクラスの投手からいきなりホームランを放つなど、野村謙二郎元監督から「菊池はよく分からん」と言われるほど不思議な選手です。

 

しかし間違いなく守備力は日本一の選手でもあり、守備だけでも億を払っても良い選手だと個人的には思っています。

 

カープには人気実力共に必須な選手となっているのが現状で、年俸は相当な酷い打撃成績がない限りはかなり下げにくい選手だと思われます。

 

少し渋いと言われるカープでも菊池選手は絶対にFAで出て行かれては困る存在だけに、ドンドン上がっていくと予想します。

 

年俸6億と異次元の年俸を貰っていた黒田選手が引退した為に2016年末の時点では、チーム内の日本人選手では最高年俸となっています。

スポンサーリンク

 

まとめ

これから広島の稼ぎ頭になるであろう菊池涼介選手。

 

守備力が衰えない限りは年俸はドンドン上がっていく選手だと思いますね!

 

グッズの売り上げもNO1だけに彼の年俸を渋る理由は球団にもありませんね!

 

 

 

関連記事:菊池涼介選手の守備が凄い!?その守備範囲や成績は?

関連記事:菊池涼介選手にアナウンサーの彼女が?プリクラで噂も…結婚はまだ?

関連記事:菊池涼介選手のプロフィール!成績や性格、彼女について!