出典:youtube

 

今のプロ野球では打者が打席に入る際に選手のテーマソングが流れるのが当たり前の時代になりましたよね!

 

その選曲はAKBなどのアイドルや、EXILEの曲だったりと選手のセンスが問われる部分でもあります。

 

有名なのは田中将大選手は大の「ももいろクローバーZ」のファンでそのももクロの曲をメジャーでも登場曲に使っていてアメリカ人を驚かせたなんてエピソードもありますよね!

 

坂本選手も毎年の様に登場曲は変わっていて、更に打席毎に変わっていたりもします。

ファンの方にとっても楽しみな部分です。

 

そこで今回は坂本選手の登場曲を紹介します!

スポンサーリンク

坂本勇人選手の2017年版登場曲

坂本選手と言えば最早この曲と言っても過言では無い登場曲。

 

 

GReeeeNの「キセキ」ですね。

 

この曲はテレビドラマの「ROOKIES」の主題歌として大ヒットを記録し、CMにも使用され日本中で知名度のある有名曲です。

第81回の選抜甲子園大会での開会式での入場曲にも使われていて、野球と縁が深い曲となっています。

2008年、2009年と2年連続でカラオケランキングでも1位となっていて、「定番」と言っていい名曲ですね!

 

坂本選手自身もこの曲を自分のテーマ曲として定着させるつもりのようでこう語っています。

坂本の心は決まっていた。来季のテーマ曲について「キセキを使わせてもらおうと思っています。坂本といえばこの曲、と言ってもらえるように、ずっと使っていきたい」と話した。
引用:日刊スポーツ

 

こう語っていたのは2010年の話で、2017年現在では目論み通りすっかり定着しましたね!

 

そして2曲目の登場曲はMAJOR LAZZER(メジャー・レイザー)&DJSnakeというアーティストの「Lean On」という曲。

 

 

主に2打席目でこの曲が流れます。

このメジャーレイザーとは…?

  • フィラデルフィアを拠点として活動するアメリカ人のDJ兼プロデューサー兼トラックメーカーでもある「Diplo(ディプロ)」。
  • DJ兼プロデューサーのジリオネア。
  • MC兼セレクターのWALSHYFIRE「(ウォルシー・ファイアー)」。

この3人が組んだユニットで斬新なサウンドを世に送り出しています。

 

坂本選手はこの曲を2016年から使用しています。

 

2017年には韓国の男性アイドルグループ、SHINeeの「Get The Treasure」も突発的に使用されていました。

初使用となった日には坂本選手は4安打を放ち、「ゲンのいい」曲となったとか…

スポンサーリンク

坂本勇人選手の2015年以前の登場曲は?

坂本選手はそれ以前にも沢山の曲を使用していました。

  • KEN-U  「YURENAGARA」
  • 遊助  「わんぱく野球バカ」
  • JessieJ 「Price Tag feat.B.o.B」
  • MaryJ.Blige「Just Fine」
  • TaylorSwift「We Are Nevar Ever Getting Back Together」
  • Idina Menzel「Let It Go」
  • JessieJ「Ain’Been Done」
  • Demi Lovato 「Let It Go」

 

坂本選手は洋楽に詳しいんですかね?

自分は洋楽がさっぱり解らないので、これだけ色んな方面からの曲を見つける坂本選手は凄いと思います…

 

ありの~ままの~で知られたアナと雪の女王で世界中で大ヒットした「Let It Go」はさすがに自分でも解ります^^;

まとめ

選手それぞれによって好みやセンスが出る「登場曲」。

 

現在ではほぼ全ての選手が登場曲を使用していて、曲の変化などを楽しむのも1つの楽しみとなっていますね!

 

坂本選手は洋楽など色んなジャンルから曲を使用してくるために、次はどんな曲になるのか?と想像もつかない所がまた面白いですね!