出典:サンケイ

 

最速150キロを超える速球を武器に、粘り強いピッチングですっかりDeNAベイスターズの先発ローテーションとして定着した井納翔一選手。

 

「宇宙人」とも呼ばれる変わった性格を持ち、かなりの変わり者としてもしられる井納選手。

 

毎年150イニングは稼いでくれる、良い先発投手の鏡のような存在ですよね!

終盤に崩れるクセさえ治ってくれば、完全にベイスターズのエースとなり得る存在だけに、もう1段階の成長が待ち望まれます。

 

今回はそんな井納翔一選手についてのプロフィール詳細を紹介します!

スポンサーリンク

井納翔一選手のプロフィールは?

出身地:東京都江東区
出身高校:木更津総合高等学校
生年月日:1986年5月1日
身長:188㎝
利き腕:右投
打席:右打
ポジション:投手
年俸:7,200万円(2017年現在)

引用:wikipedia

木更津総合高校でプレイしていた井納選手は、高校2年生時に所属している学校が夏の甲子園に出場しますが、井納選手自身はベンチ入りも出来ず、スタンドでの応援組でした。

 

3年時には選手として予選に出場しますが千葉大会準決勝で敗れ、甲子園での試合出場経験は無いまま高校生活を終えます。

 

卒業後は上武大学へ進学し、硬式野球部へ入部。

3年までは知名度も低い選手でしたが、4年生時に才能が開花。

春秋連続でのリーグ優勝に大きく貢献し、最優秀防御率も記録。

全日本大学野球選手権大会にも出場するなど遅咲きながらようやく知名度が上がってきます。

 

大学卒業後は社会人野球へ進み、名門のNTT東日本へ入社。

しかし入社後3年間は成績が低迷し、戦力外寸前まで追い込まれます。

その後スプリットを習得し、フォームを改良した事で4年目から主力となり、都市対抗野球大会などで結果を残しスカウトからも注目を集めました。

 

2012年のドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから3位で指名され、遅咲きながらとうとうプロへの切符を掴みとります。

スポンサーリンク

井納翔一選手の成績や年俸は?

出典:yahoo

 

井納翔一選手は横浜DeNAベイスターズと契約金6,000万円、年俸1,000万円で契約します

背番号は「15」

2013年

1年目となる2013年から1軍の先発ローテーションへ食い込み、4月4日の巨人戦でプロ初先発。

5月7日のカープ戦でプロ初勝利を挙げますが、その後は打ち込まれる場面も増えて二軍で調整となります。

 

8月には1軍に復帰し3連勝を飾り、9月28日の巨人戦ではプロ初完投勝利も挙げています。

 

2013年の成績は18試合に登板し14回の先発登板、5勝7敗2ホールド、防御率は5・34でした。

年俸は1,650万円へアップ。

2014年

2014年は開幕からローテーション入りを果たします。

しかし5月9日のヤクルト戦では1イニング3暴投という不名誉なワースト記録タイも残しています。

 

5月23日の日本ハム戦ではプロ初完封をあげ、5月までに7勝をあげ月間MVPを獲得するロケットスタートを切りました。

前半戦の絶好調を受けてオールスターにも初出場し、7月25日にはDeNAに親会社が変わってチーム名が変更されてから初めての二桁勝利となる10勝を記録。

 

しかし終盤戦では打ち込まれる場面も増えそこから勝ち星は伸びきれず。

 

2014年の成績は25回の先発で11勝9敗、防御率は4・01と前年から数値を良化させています。

年俸は1,650万円から3,900万円へ一気にアップ。

2015年

2015年も開幕直後はチームの好調も相まって順調に勝ち星を挙げますが、チームの調子が下り坂になると共に井納選手の成績も下がっていきました。

 

結局2015年は20試合に先発して5勝8敗、防御率は3・27という成績でした。

 

年俸は4,500万円へアップ。

2016年

2016年は怪我で離脱していた山口俊投手に代わって、プロ入り初の開幕投手を務め、見事に7回無失点で開幕勝利。

 

そのまま1年間ローテーションを務め、チームも初のクライマックスシリーズ出場を決めるなど躍進した年となりました。

 

2016年の成績は23試合に先発し、7勝11敗、防御率3・50という成績で終えます。

 

年俸は7,200万円までアップ。

 

スポンサーリンク

井納翔一選手の性格は?

出典:naverまとめ

 

井納選手はとにかくド天然な性格で有名で「宇宙人」という凄い異名が付けられています。

 

「宇宙と交信している」とまで言われる天然エピソードも豊富。

その例をいくつか挙げると…

 

  • 新人合同自主トレの練習後、グラブを2つ重ねて「はい、バナナの叩き売りだよ!」と絶叫。盛大にスベる。
  • 試合で対戦したブライアン・ラヘアについて「ラ、ラフェア? カタカナは苦手なんですよ」
  • 「野手が捕球したボールをある塁に送り、走者の刺殺を助けることを何と言う?」(正解は「補殺」)という野球用語問題に対して「意味が分からないんですよ」。結局「へいさつ」とひらがなで答える。
  • ソチ五輪に絡めて「あなたにとってK点越えは?」との質問に対し「そもそもK点ってなんですか?」
  • プロ初完封を達成した試合でオフに覚えたツーシームを10球投げ、捕手の高城俊人も「ツーシームが良いところに決まった」とコメントするも、本人は「今日は(ツーシームを)投げてない」と投げたことを忘れる。

 

等々ド天然発言エピソードが沢山あります。

 

阪神の糸井選手もこんな感じですよね 笑

 

こういう天然系な選手は結構メンタルが強いケースが多いので、ピッチャーには向いているかもしれませんね!

井納翔一選手の彼女は?

井納選手は2016年の1月に一般女性の方との結婚を発表しています。

 

2014年の12月に知人の紹介で知り合ったのがなれそめで、約2年の交際を経てゴールイン。

最初の印象で「一目ぼれしました」という井納選手。

お相手の女性はアナウンサーの平井理央さん似の美人だそうな…

 

モテると言われるプロ野球選手が一目ぼれするぐらいなんですから、凄い美人なんでしょうね!

食事面でも支えてもらってるという話で、美人で料理まで上手な奥さんなんですね。

 

こんな奥さんが家で待ってると思ったら張り切らざるをえないですよね!

まとめ

横浜DeNAベイスターズの先発として最早お馴染みとなった井納翔一選手。

年々防御率もあげてきていますし、そろそろタイトル争いも視野に入ってくるかもしれない選手ですね!