出典:週刊ベースボールONLINE

 

2016年にドラフト2位でオリックス・バファローズへ入団し、プロ初年度となる2017年からフル回転で大活躍を見せている黒木優太選手。

 

かつてロッテで「魂のエース」と呼ばれた名エースの「ジョニー」こと同姓の黒木知宏氏と同じ背番号を背負っているのも黒木知宏氏の影響だそうです。

 

最速155キロを誇るストレートを持っていて、切れ味鋭いフォークで三振の山を築いていますよね!

 

黒木選手が投手を始めたのは高校2年生という事にも驚きが隠せません。

 

今回はそんな黒木優太選手のプロフィール詳細について紹介します!

スポンサーリンク

黒木優太選手のプロフィールは?

出身地:神奈川県横浜市港北区
出身高校:橘学苑高等学校
生年月日:1994年8月16日
身長:179㎝
利き腕:右投
打席:左打
ポジション:投手
年俸:1,200万円(2017年現在)

引用:wikipedia

黒木選手は小学校2年生時に野球を始め、軟式野球チーム「ブラックシャーク」で野球を始めました。

中学の入学と同時に「港北リトルシニア」へ所属し、硬式野球へ転向します。

 

高校は橘学苑高校へ進学し、1年の秋から2年生の夏までは遊撃手を務めますが超強肩を買われて秋から投手へ転向。

いきなりすぐに146キロのストレートを放ち、周囲を驚かせます。

 

しかし甲子園出場経験はなく、プロ志望届も出しますが指名球団は無し。

大学進学へと進路を向けます。

 

大学は立正大学へ入学し、1年の秋から東都大学野球の2部で主戦として投手を務めました。

2年時には先発に抑えとフル回転し、立正を14シーズンぶりの2分優勝へと導く立役者となっています。

4年時の春には先発で4連勝を記録しますが、5月の試合中にベースカバーで走者と接触し、右肩を脱臼。

復帰には秋までかかってしまい辛い経験となっていますね。

 

チームは1部には昇格出来ませんでしたが、黒木選手は4年生時にはストレートの球速が153キロを記録していてプロからも注目の投手となっていました。

 

2016年のドラフト会議でオリックス・バファローズから2位指名を受け、念願のプロ入りの夢を果たします。

スポンサーリンク

黒木優太選手の成績や年俸は?

出典:gooニュース

 

黒木優太選手はオリックス・バファローズと契約金8,500万円、年俸1,200万円で契約しました。

2017年

1年目となる2017年から春季キャンプから1軍に帯同。

オープン戦では5試合連続となる救援登板で全て無失点を記録。

福良監督から大きく評価され、開幕一軍入りを勝ち取っています。

 

開幕戦でもある3月31日の楽天戦でいきなりデビュー登板を果たし、1イニングを無失点に抑えプロ初ホールドを記録。

以降も「勝利の方程式」として試合終盤を任され、勝ち試合のセットアッパーとして重宝されています。

 

5月には同点の場面で登板し、チームが勝ち越した事でプロ初勝利も挙げています。

 

5月18日に3失点を喫するまで13試合連続登板試合無失点という超安定感のある救援ぶりを見せています。

 

6月4日には巨人戦でセーブも挙げていて、オリックスのブルペンでフル回転していますね!

 

投手経験が短いとは思えない、安定感のあるピッチングを続けていてこの先もオリックスを支えてくれるのは間違いない投手と言えますね。

 

 

黒木優太選手の性格は?

出典:日刊スポーツ

 

同じ世代でもある大谷翔平選手や、藤浪晋太郎選手に「負けたくない」という強い気持ちを持っているようで、相当な負けず嫌いな性格だそうです。

 

元ロッテのエース黒木知宏氏のスタイルへの強い思いを持っていて、背番号を同じにしたのも「自分の姓を早くファンや報道関係者に覚えて欲しい」という事から来ていて、気持ちを前に押し出すピッチングも黒木知宏氏同様熱い物を持っています。

 

また高校時代から歌手である倖田來未さんの曲の大ファンでファンクラブにも入っていて、試合での登場曲にも倖田さんの楽曲「LIFE so GOOD!!」を使用しているほど。

 

やはり好みなどを聞くと今時の子だなぁという感じもしますが、ロッテのジョニー黒木選手を尊敬しているというのは結構渋いですよね。

 

強い野心が感じられる性格に、負けず嫌いも伴ってまだまだ上にいきそうな黒木選手の今後には期待が持てますね!

黒木優太選手の彼女は?

現在ブレイク中でファンも急増中の黒木選手。

彼女はいるのかなぁ?と調べてみましたが、現在のところは全く噂もありませんでした。

 

まだまだプロデビュー仕立てなのでこれから色々と出会いがあるかもしれませんね。

 

倖田來未さんの曲が大好きと言ってますし、彼女も倖田來未さん似の人が好みかも…?

 

まとめ

1年目からオリックスのブルペンを大きく支えてフル回転している黒木優太選手。

 

勝ち試合で使われ続けていて、完全にオリックスの「勝利の方程式」の一部となっていますよね!

 

先発適正も持っているだけに、黒木知宏氏の様にいつのまにかエースになっているかもしれませんよ!