出典:東京スポーツ

 

2014年のドラフト3位で2017年には、西武のほぼレギュラーとなっていて名前を見かける事も多くなってきた外崎修汰(とのさきしゅうた)選手。

 

その50メートルを6秒で駆け抜ける俊足で、将来を大きく期待されている選手ですね!

 

打率を上げさえすれば、レギュラーが確定的となる選手だけに打撃力の向上が求められています。

 

2軍では本塁打を量産していて、1軍でいつのまにか本塁打を量産する姿まで想像出来る程潜在能力を秘めた選手と言われているほどの選手。

 

内野には強力なライバルが多く、外野手に転向したばかりでまだまだ守備はご愛嬌の部分があります。

 

今回はそんな外崎修汰選手のプロフィール詳細について紹介します!

スポンサーリンク

外崎修汰選手のプロフィールは?

出身地:青森県弘前市
出身高校:青森県立弘前実業高等学校
生年月日:1992年12月20日
身長:177㎝
利き腕:右投
打席:右打
ポジション:遊撃手、二塁手、外野手
年俸:1,300万円(2017年現在)

引用:wikipedia

外崎選手は青森の弘前出身で、実家はリンゴ農家を営んでいるそうです。

自分も出陳地は青森なので、何か応援したくなってしまいます。

小学校4年生の時に「桔梗野ボンバーズ」で軟式野球を始め、中学校では「弘前シニア、弘前白神シニア」でプレイ。

 

高校は弘前実業高校へ進学。

外崎選手は入学直後の1年生の春から遊撃手のレギュラーを掴みます。

しかし甲子園出場経験は無いまま高校を終えます。

 

富士大学へ進学し、2年秋のリーグ戦で最多打点のタイトルを獲得。

3年秋のリーグでは最多盗塁、4年秋のリーグでは首位打者(.432)、ベストナインにも選ばれて優秀選手賞を獲得しています。

特に4年生時には主将も務めていて、チームの春秋連続優勝の立役者となっています。

 

2014年のドラフト会議で埼玉西部ライオンズから3位で指名され、プロ入りを果たしました。

スポンサーリンク

外崎修汰選手の成績や年俸は?

外崎修汰選手は埼玉西部ライオンズと契約金5,000万円、年俸1,200万円で契約しました。

2015年

1年目の2015年は開幕を2軍で迎えますが、7月3日に1軍に初登録され、7月8日のオリックス戦で代打でプロ初出場を果たし、2打席目でプロ初安打を放っています。

 

7月25日には「8番、遊撃手」でプロ初スタメンとして出場し、第1打席でプロ初本塁打を放ちました。

なおこの本塁打はビデオ判定にまで発展するほど微妙な判定で最初はファウルと判定されますが、ビデオ判定で覆るというプロ初本塁打から珍しいケースとなっています。

 

1軍では43試合の出場で打率.186に終わりますが、2軍では持前の俊足を発揮して27個の盗塁を決めていて、2軍の盗塁王を獲得。

年俸は200万円アップの1,400万円で更改。

2016年

2年目の2016年は開幕1軍を勝ち取り、開幕戦から「9番、遊撃手」でスタメン出場を果たします。

しかし打撃の調子は上がらず、1軍には定着出来ず。

 

2軍では本塁打を量産し、盗塁もチーム最多の16を記録するなど活躍を見せますがやはり打撃面や守備が課題となって1軍のレギュラーは獲得には至りませんでした。

 

2016年の成績は37試合に出場し、打率.176、本塁打2という成績でした。

年俸は100万円ダウンの1,300万円で更改。

2017年

2017年は前2年と比べて出場機会を大きく増やしています。

 

7月1日の時点で60試合に出場し、打率.210、本塁打6、打点22、盗塁11と半スタメンになるまで信頼を勝ち取っていて活躍を見せていますね!

 

特に本塁打は良いペースで放っていて、このペースならシーズン二桁本塁打は期待出来そうです!

 

 

プロ初本塁打がいきなりこんな疑惑の判定に巻き込まれるなんて色々な意味で「持ってる」選手なのかもしれませんね!?

外崎修汰選手の性格は?

出典:日刊スポーツ

 

テレビでドラフト指名された年に特番の特集選手として出演していて、そこで見た彼の姿はとても穏やかで人間性の良さを感じさせる物でした。

 

しかしその性格の良さが災いしたのかプロ入り後は自分を「つなぎの役目」と割り切ってしまっていて、スイングが少しコンパクトになりすぎていたフシがあると言われていました。

 

2016年後半からはその呪縛を解き放ち、元々秘めていたパワーが解放されて本塁打をかなり量産する選手へと変化を遂げています。

 

リンゴ農園を営む両親に恩返しをするために、自分が「リンゴ・スター」になると張り切っているところを見ても両親想いな優しい性格なのがよく解る選手ですね!

 

スターになって「外崎リンゴ」が全国で売れる程人気になるのが楽しみですね!

外崎修汰選手のお嫁さんは?

外崎選手は2016年の7月に結婚しています。

お相手は同じ青森の弘前実業出身の1学年下の後輩だそうで、なんと高校2年生時から付き合っていたそうです。

 

高校時代からの7年間という長い交際期間を経てゴールインという、外崎選手の誠実な性格が垣間見えるエピソードですね!

 

まだお子さんはいらっしゃらないそうですが、結婚を機に2017年はブレイクしかかっていますし、奮起してほしいですね!

まとめ

2017年はスタメンで名前を見かける事も多くなってきた外崎修汰選手。

 

打率はなかなか上がりませんが、本塁打ではかなりの数字を残しそうですよね!

 

俊足タイプだけに、これで打撃が育ったらかなり凄い選手になりそうな気配もある注目の選手ですね!