出典:youtube

 

履正社高校で高校3年時には、「世代NO1ピッチャー」と評価され2016年のドラフト会議ではヤクルトから1位指名を受け入団した寺島成輝(なるき)選手。

 

その高校生離れした安定感のあるピッチングは、将来のエースとして大期待を受けています。

 

大型左腕にありがちな制球難は無く、コーナーにズバズバと投げ込んでる姿に甲子園ファンを沸かせましたよね!

 

1年目の開幕では怪我で出遅れましたが、必ず近い内に出てくる投手だと思います。

 

今回はそんな寺島成輝選手についてのプロフィール詳細について紹介します!

スポンサーリンク

寺島成輝選手のプロフィールは?

出典:侍ジャパン公式

出身地:大阪府茨木市
出身高校:履正社高等学校
生年月日:1998年7月30日
身長:183㎝
利き腕:左投
打席:左打
ポジション:投手
年俸:1,200万円(2017年現在)

引用:wikipedia

寺島選手は大阪府出身で、2歳の時に父親の転勤で東京へ引っ越しています。

 

幼稚園年長という早い時期から「国分寺スカイホークス」で軟式野球を始めました。

小学校3年時には大阪へ戻り小学校4年から「茨木リトルリーグ」で公式野球を始めています。

中学では「箕面ボーイズ」に所属し、中学3年生時には世界少年野球大会で優勝するなど輝かしい実績を記録。

 

高校は名門履正社高校へ進学し、1年生時からベンチ入り。

しかし激戦区大阪では大阪桐蔭が猛威を振るっている事もあり、中々甲子園には出場出来ず。

やっと高校3年時に夏の甲子園に出場しますが、3回戦で敗退。

 

やっぱり大人びたレベルの高いピッチングですよね。

 

甲子園後にはU-18の日本代表にも選出され、BFAU-18アジア選手権大会に出場し中国、インドネシア戦に登板し優勝に貢献。

その後いわて国体でも優勝を果たして更に知名度を上げました。

 

2016年のプロ野球ドラフト会議では東京ヤクルトスワローズから1位指名を受けて入団。

スポンサーリンク

寺島成輝選手の成績や年俸は?

寺島成輝選手は東京ヤクルトスワローズと契約金1億円、年俸1,200万円で契約。

2017年

ルーキーイヤーとなる2017年は高卒1年目の選手ながら、キャンプで張り切りすぎたのか左内転筋の筋膜炎で開幕1軍は絶望に。

 

2軍でリハビリを行うという情補が発表され、黄金ルーキーとして期待していたヤクルトファンには寂しいニュースが流れてきました。

 

すでに完成されたような様なボールと精神力を持っているために、怪我さえ治れば1年目となる2017年から活躍する姿が見れるかもしれませんね!

寺島成輝選手の性格は?

 

何故か寺島選手が元「ヤンキー」という噂が流れているみたいですが、さっぱりそんな事実はなさそうでした。

 

性格は至って普通の若い子でもあるようで、ヤンキーを連想させるような性格では無いようです。

 

ただ、甲子園でのマウンド捌きを見ていてもとにかく「冷静」な面が目立ち、良くも悪くも高校生らしからぬ投球を披露していました。

 

先発ピッチャーとしてのペース配分や配球等、とても知性を感じられる野球をしています。

 

自分の将来像としても「長く続けられる選手になりたい」と語っているように、しっかりと自分の未来を描いているようです。

 

インテリジェンスを感じさせる寺島選手は、将来クールなエースになりそうですね!

寺島成輝選手の彼女は?

出典:wikipedia

 

イケメンな寺島選手ですがまだプロ入り1年目という事もあり、噂も一切出てきませんでした。

 

ただ甲子園時代はスター選手でもあった為に、相当モテてはいたでしょうね。

 

現在彼女がいるかは全く不明ですが、情報があれば追記していこうと思っています。

まとめ

高校生離れした投球スタイルに、完成された変化球にコントロール。

更にはドラフト1位でサウスポーと来れば期待しない訳にはいかない寺島成輝選手。

 

1年目の開幕は怪我で出遅れてしまいましたが、復帰してスーパールーキーとしての実力を見せて欲しいですね!