出典:naverまとめ

 

走攻守全てにおいて高いレベルの潜在能力を持っていてベイスターズの「大器」として高い人気を誇っている梶谷隆幸選手。

 

50メートルを5秒7で駆け抜ける超俊足を持っていて、2014、2015、2016と3年連続で20を超える盗塁数を記録しています。

 

更に肉体改造の後はアスリートとして素晴らしい筋肉を保持している事でも有名。

 

内野手時代は結構なやらかしも多く、有名なベースカバーをしなかったプレイなどで守備ではあまり良いイメージの無かった梶谷選手ですが、外野手にコンバートされてからは素晴らしい守備力を誇ってますね!

 

打撃でも毎年20本近い本塁打を放っていて、更に上も狙えるんじゃないかと言われる程鋭いスイングを見せています。

 

そこで今回はベイスターズ期待の星、梶谷隆幸選手についてのプロフィール詳細を紹介します!

スポンサーリンク

梶谷隆幸選手のプロフィールは?

出身地:島根県松江市
出身高校:開星高等学校
生年月日:1988年8月28日
身長:180㎝
利き腕:右投
打席:左打
ポジション:外野手
年俸:9,300万円(2017年現在)

引用:wikipedia

梶谷選手は小学校4年生時に「持田ボンバーズ」で軟式野球を始めます。

中学時代には部活を経てからクラブチームの「乃木ライオンズシニア」に所属。

 

高校は島根県の開星高等学校に進学。

 

当時の開星高校の監督は規格外の有名人としても知られていて、破天荒な部分が多すぎて世間から大パッシングを受けた事もある野々村直通氏。

2010年の選抜甲子園大会では21世紀枠で出場した和歌山県向陽高校に敗れて「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」「腹を切りたい」というコメントを残し大ヒンシュクを買った人物。

 

梶谷選手はこの野々村氏に高校時代は指導されていて「命懸けでバッターボックスに立て」と教えられていて、現在でも尊敬している恩師となっているそうです。

 

梶谷選手が高校3年時代には甲子園にも出場しており、高校通算93盗塁という規格外の俊足だけではなく打撃も守備もレベルの高い選手としてスカウトからは有名な選手へと成長しています。

 

2006年のドラフト会議では横浜ベイスターズから3位で指名を受けプロへ入団。

スポンサーリンク

梶谷隆幸選手の成績や年俸は?

出典:websportiva

 

梶谷隆幸選手は横浜ベイスターズと契約金4,500万円、年俸500万円で契約。

ちなみにこの当時はまだDeNAベイスターズというDeNAの冠名はついておらず、チーム名は「横浜ベイスターズ」でした。

2007年-2008年

1年目となる2007年は1軍での出場は無く、2軍で52試合に出場し打率.136で終えます。

 

2008年も1軍での出場はありませんでしたが、2軍で遊撃手のレギュラーへ定着し、84誌試合に出場。

打率.250、19打点、14盗塁という成績を残しました。

 

2009年-2011年

2009年は4月9日にプロとして初の1軍での試合出場を果たし、4月30日にはプロ初本塁打も放ちます。

シーズンを通して1軍では22試合の出場を記録しますが打率は.128と低調に終わっています。

 

2010年も1軍での出場は僅か5試合の上にノーヒットのままシーズンを終えますが、2軍ではベイスターズの2軍球団である湘南シーレックスでの史上最多となる33盗塁を記録し、盗塁王のタイトルも獲得。

 

2011年は故障の影響で1軍での出場は無く、2軍でも盗塁数を大幅に減らしてしまいます。

シーズンオフには広島の有名トレーニングジムである「アスリート」で肉体改造に取り組みました。

2012年

2012年から監督に就任した中畑清監督が「機動力野球」を方針に打ちだし、超俊足でも知られていた梶谷選手は1軍オープン戦で積極的に起用されます。

そのオープン戦で打率.347に12球団トップとなる13盗塁の成績を残し、初の開幕一軍スタメンに遊撃手として起用。

 

しかし調子はあがらず、開幕後は我慢強くスタメンで起用されますが結果がなかなか付いてこない為に二軍降格も多くなり苦戦が続きます。

 

結局2012年は80試合の出場で打率.179、本塁打2、打点11、盗塁5と低調に終わってしまい開幕スタメンからのレギュラー取りには失敗します。

 

しかし年俸はこの年640万円から1,000万円へアップしています。

2013年

2013年は二塁手のレギュラーである内村賢介選手のバックアップとして1軍に置かれますが、守備でかなりのやらかしをしてしまい二軍落ち。

ベースカバーに入っておらず、集中力が足りずに起きてしまったミスと言えますね…

 

その後1軍へ再昇格しますが、7月11日のカープ戦でスライディング中に右足首を故障して離脱。

8月に復帰し、その月にはなんと81打数33安打、打率.407、本塁打8、打点22という大爆発を見せベイスターズの主軸打者へと成長を見せました。

 

その後もシーズンを通して1軍に帯同し、梶谷選手のポテンシャルの高さを示した1年でしたね。

 

2013年の成績は規定打席には到達していないものの、77試合の出場で打率.346、本塁打16、打点44、盗塁7、出塁率は.413というかなりのハイレベルな成績を叩きだしました。

年俸は1,000万円から2,300万円へアップ。

2014年

2014年には外野手への転向を発表。

開幕から1軍スタートで主に「3番、右翼手」としてレギュラーで起用されます。

 

しかし5月下旬からはスランプに陥り、6月の打率は.151と低迷。

7月には打率.368を記録し復調。

グりエル選手が加入した事により、梶谷選手は1番打者を任せられる事が増えました。

 

更にスタメンだった荒波選手の故障や、金城選手の不振などにより中堅手としての起用も増え、年間を通してレギュラーとして起用された初めての年となりました。

 

自信初となる規定打席にも到達し、39盗塁を記録して盗塁王のタイトルまで獲得。

 

2014年の成績は142試合に出場し、打率.263、本塁打16、打点72、盗塁39と打率以外はハイレベルな数字を残しています。

 

三振数はリーグワースト3位の135個も記録していますが、外野手転向はかなりの良案だったようで両リーグ2位となるUZR(守備評価数値)11.2、補殺も8と言う素晴らしい数字も挙げています。

契約更改ではは倍増を超える4,800万円でサイン。

2015年-2016年

2014年ですっかり外野手のレギュラーに定着した梶谷選手は2015、2016シーズン共に打率は.275前後を記録し、毎年15本前後のホームランに20個を超える盗塁を記録していてDeNAベイスターズの主軸となっています。

 

2016年にはベイスターズをチーム史上初のクライマックスシリーズ進出にも導いていて、最早ベイスターズに居なくてはならない打者へと成長。

 

年俸は9,300万円まで上がっています。

本当に外野手に転向してからは、打撃にも安定感が出て全てがハマった感じがしますよね!

その身体に秘める潜在能力からはトリプルスリー(3割30本30盗塁)も達成出来る逸材と言われていて、更なる爆発が期待されています。

スポンサーリンク

梶谷隆幸選手の性格は?

出典:naverまとめ

 

試合中はヒゲ面に無表情で、とてもクールな印象を受ける梶谷選手ですがその内面では熱い魂を持っていて勝利への執着心は人一倍持っている選手だそうです。

 

骨折しても試合に臨んでいたという不屈の闘志を持ったエピソードも持っていて、表情を変えないのは「一つ一つのプレーに一喜一憂しないように自分を作っている」からと語っています。

 

彼をよく知る元横浜大洋投手にして関内「瀬降の森」オーナーの竹下浩二氏はこう語っています。

「梶谷は普段は本当にいい子でね。どちらかといえばのほほんとした感じを受けるんだけど、一度ユニフォームを着るとガラッと雰囲気が変わって芯の強さを感じさせる。練習もよくするし元気もある。開幕からの不調の時は流石に悩んでいたようだけど、一度二軍に落とされて帰ってきてからは吹っ切れた感じがするね。持ち味の積極性も復活しているし、これからが本当の勝負。失敗を恐れずにどんどん走ってほしいね」
引用:Numberweb

 

クールな表示から熱い魂を持っていてプライベートと野球場ではスイッチが切りかえられるプロ中のプロという一面を持っているみたいですね!

 

ラミレス監督からは「チームリーダー」としての役割を求められましたが、本人は「人をまとめるのは苦手。」と語っていてリーダータイプではないと自己分析もしています。

 

言葉で表現は苦手ですが、チームにとにかく貢献を考える梶谷選手はプレイでチームを引っ張っていますね!

梶谷隆幸選手の彼女は?

ヒゲが似合いクールで人気なイケメンの梶谷選手。

勿論もう30歳も近いですし、結婚か彼女は居るんだろうなぁ?って感じですが…

 

なんと全く彼女の噂も結婚の噂もありません!

年俸も1億円近く貰っているトップクラスの選手なのにここまで女性の影がない選手も珍しいです…

 

見た目通り野球一筋で女性には興味はあまりなく、本当に彼女すらいないのでしょうか?

それともひっそりと付き合っているだけで情報が表に出ていないだけなのか?

 

真偽は解りませんが、随時何か情報があり次第更新していきます。

まとめ

ベイスターズの切り込み隊長としてすっかり定着した梶谷隆幸選手。

 

その秘められた身体能力の高さには更なる成長が期待されています。

 

個人的にはセリーグで山田哲人選手の次にトリプルスリーを達成出来るのはこの梶谷選手だと思っているので本当にやってしまってほしいです!