広島カープのエースとして長くカープで投げ続け、とうとうメジャーへ挑戦を果たした前田健太投手!

 

その安定感のある投球に毎年のように二桁勝利を挙げ、抜群のコントロールとキレのある変化球で打者を圧倒してきました。

 

ドジャースへ移籍した近年でも、そのセンスの良さであっという間にメジャーリーグに適応し、初年度から先発ローテーションとして大活躍!

 

ダルビッシュ選手を尊敬し、追い付き追い越そうとしている通称「マエケン」という名前で呼ばれる彼。

 

そんな彼の成績や性格の詳細を今回は紹介します!

 

【前田健太選手のプロフィール】

出身地:大阪府忠岡町
出身高校:PL学園高等学校
生年月日:1988年4月11日
身長:185センチメートル
利き腕:右投
打席:右打
ポジション:投手
年俸:312.5万$+出来高1015万$(約15億)(2017年現在)
引用元:wikipedia

 

小学3年生から野球を始め、6年生の時には西日本で優勝を果たす等、すでに強豪チームで活躍していました。

 

他にもサッカーや水泳も同時にしており、特に2歳からしていた水泳でも西日本大会で優勝するなど、すでに子供の時から運動神経は神がかっていたみたいですね!

 

中学でも西日本大会で優勝や、日本選抜に選ばれ世界大会に出場してMVPを獲得するなど華々しい実績を残します。

 

プロ入りを絶対の目標として当時の超名門のPL学園に進学し、1年からベンチ入り。

 

地方大会ではこれまた名門の大阪桐蔭との史上初の再試合に先発して、完投勝利を挙げ1年時からすでに頭角をメキメキと現しています。

 

打者としても元巨人の辻内投手からホームランを放つ等非凡な才能を見せていました。

 

3年時には選抜甲子園にも出場し1試合16奪三振や、完封勝利を挙げ活躍。

 

夏の甲子園は予選で敗退してしまいますが、この時すでに球速148キロを記録し打者としても高校通算27本塁打というセンスで全国区の有名選手となっていました。

 

その才能を買われ、2006年のドラフト会議では広島カープから1巡目指名を受け、契約金8000万、年俸800万で広島カープと契約に至りました。

スポンサーリンク

【前田健太選手の成績や年俸は?】

入団1年目は、高卒新人選手は下からという方針により、二軍スタートとなってしまいます。

 

しかし、すでに完成されていると言われる高いレベルのフォーム、そしてキレのあるストレート、大きく落ちるカーブが評価され、すぐに異例の一軍へ。

 

結局一軍でのこの年の登板はありませんでしたが、二軍では先発ローテーションとして1年間安定して投げ続け、順調に経験を積んでいきました。

 

なお打者としても少ない打席ながら他選手顔負けの.364の高打率を残しており、プロレベルの打撃力も持っていることも証明しました。

 

2年目には前年で引退した元広島のエース佐々岡真司選手のエースナンバー背番号18を引き継ぎました。

 

一度も一軍に出場した事のない選手にエースナンバーを渡すというのは異例すぎる事でもあり、裏を返せば球団は前田選手に大きな期待を寄せていた事が解りますね!

 

その期待通り2年目の2008年には先発ローテーションの一角に食い込み、2年目にして堂々の9勝を挙げました。

 

完封勝利も挙げ先発としての自信や実力が一流の域へと達している証明にもなりました。

 

3年目は完封勝利を挙げる等、1年間ローテーション投手として活躍をしますが、打線の援護に悲しい程に恵まれず8勝14敗という大きい負け越しで終わってしまいます。

 

しかし負け試合のかなりの数が打線の援護に恵まれず、接戦での負けだった為に前田選手の責任とはとても言い切れない内容でした。

 

与四球数(与えたフォアボール数)も年間で28個と、素晴らしいコントロールも示しました。

 

それを球団も解っていたのか年俸は前年の2500万から倍増に近い4800万という提示になりました。

 

打者の援護だけは自分で打つ以外ではどうしようもありませんからね…

 

近年の若い選手は勝利数より防御率に重きを置く選手も増えて来て、あくまでも勝ち星は結果的につくものという、割り切った考えも結構聞かれます。

 

ここで年俸を下げたりせず、きっちりと上げたカープはえらいですね!

 

そしてその周囲の大きな期待に応えた2010年。

 

開幕投手を務め変化球のキレやストレートの球速も更に成長し、持前の安定感が更に増しました。

 

前半戦だけで2ケタ勝利を確定させ、オールスターには最多得票で選ばれ、ダルビッシュと投げ合って完封する等、エースとしての座を完全にモノとします。

 

最終的にこの年の成績は15勝8敗、防御率2.21、奪三振174で史上最年少で投手三冠と呼ばれるタイトルを獲得し、更にその年NO1の投手に贈られる沢村賞も獲得!

 

まさにマエケンの年となりました。年俸も3億円を突破!

 

そこからの前田選手は広島のエースとして2015年にポスティングでメジャーリーグへ移籍をするまで、毎年の様にタイトル争いに加わりトップクラスのエースとして活躍。

 

最終年の2015年にも沢村賞を獲得し、有終の美を飾って日本でのプロ生活を終えました。

 

そんな前田選手の悲しい事と言えば、広島在籍時代に優勝出来なかったこと…

 

そして皮肉にも前田選手が移籍した次のシーズン、2016年で広島カープが優勝してしまうという…。

 

本人も優勝に拘りがあっただけに、ちょっと悲しかったでしょうね;

スポンサーリンク

前田選手のメジャーでの成績や年俸は?

2016年の1月にポスティングシステムを利用し、ロサンゼルス・ドジャースとの契約が発表されました。

 

契約内容は8年総額2500万ドル+出来高で毎年最高1億620万ドルと、移籍前に予想されていた契約内容より、かなり厳しい契約を突き付けられました。

 

8年総額2500万ドルというと毎年役3億の基本給に、後は成績次第だよ?という、球団有利の契約。

 

前田選手の実績を考えると物足りない契約ですが、出来高を全てクリアすれば15億になるというモノでした。

 

この契約には裏があって、メジャーリーグでは入団前に厳しいメディカルチェックを受けさせられます。

 

つまり入る前にどこか悪い所があれば契約しなかったり足元を見ますよって奴です。

 

前田選手はまさにその検査で引っかかってしまい、肘の状態が悪いという条件を突き付けられ、予想より厳しい契約とさせられてしまったのです…

 

しかし、逆にいえば成績を残しさえすれば、日本では不可能な1年で15億を稼げるというポジティブな考えで前田選手はやる気になっていたようですね!

 

その前向きな考え方でマエケンは1年目から結果を出します。

 

15勝8敗、防御率3.48という先発としては素晴らしい数値を残し、なんと契約時の出来高をほぼ満額でゲットしたそうです。

 

テレビ番組で前田選手本人が1年で15億だったとも語っていました・・

 

やはりメジャーは色々な意味で凄いですね!

前田選手の性格は?

とにかく熱血タイプというのが、マウンドでの立ち振る舞いでもよく解ります。

 

大事な場面で三振を取ったときのガッツポーズや、チームメイトを応援する姿を見ても熱い男だというのが見て取れます!

 

自分がマエケン凄いなぁと思ったのは、まだ菊地選手がデビューして間もないころの話です。

 

今でこそ日本一の名手として知られる彼ですが、前田選手が登板してる試合の序盤でいきなり大事な場面でエラーを3連発してしまい、失点の原因となってしまったときです。

 

しかしベンチに帰る時に菊地選手に笑顔で声をかけて、気にするなよ?の様な事を言って慰めていたのを見て、あぁ・・やっぱ凄いなぁと思いました。

 

普通ならあそこまでエラー連発されると不機嫌になっちゃうもんですけどね…

 

そんなマエケンも仏様では無い様で、野外球場での雨の日が苦手そうな感じのオーラを出していまして、よく雨の日の失投を打たれて、イラついてる場面も見かけました。

 

多分精密なコントロールを誇る前田選手だけに僅かな狂いが出てしまう雨は天敵なんでしょうね!

 

そして怒ってるのは自分自身に怒ってる事ですし、やっぱり優しいんだと思います。

前田選手のお嫁さんは?

元アナウンサーの「成嶋早穂」さんです。

 

前田選手との間に娘さんが一人いらっしゃるようです。

 

奥さんは、東海テレビのアナウンサーからフリーになった方で、特技はバイオリンというお上品なオーラを感じます。

 

前田選手との結婚生活では、かなり気合の入った手作り料理を振る舞っているようで、栄養バランス等も考えてサポートしてくれているようです。

 

よくブログにも料理がアップされますが、凄いな~と思う品目と内容です。

 

更に財布のヒモもきっちりと握っているようで、前田選手はお小遣い制となっており、10億以上稼いでる前田選手自身が「お小遣い3万円にはもう慣れた」と言い放っているそうな…

 

うーんしっかりしたお嫁さんですね~。

 

結婚前に、一度だけ浮気してしまったマエケンがスクープされた時には、奥さんに大目玉をくらったらしいです 笑

 

でも仲がよさそうに見えますし、幸せそうですよね!

まとめ

メジャーリーグへと羽ばたいていったマエケン投手。

 

1年目から素晴らしい成績を残し、更なる飛躍が期待される彼からは今後も目が離せません!

 

もしかしたら野茂選手より凄い成績を出してしまうかも…?

 

これからも大注目です!