出典:naverまとめ

 

甲子園で156キロとも言われる球速を左腕ながら叩きだし、当時平成の速球王として日本中の話題となった辻内崇伸(たかのぶ)選手。

 

巨人にドラフト1位で指名され、華々しい活躍を期待されるも一軍での登板は0という結果で終わってしまった悲運の投手として知られています。

 

怪我さえ無ければ…怪我さえ無ければ…という選手はプロどころかアマチュアにも沢山居ますが、未だにこの辻内選手に怪我が無ければどうなったいたのだろう?と思っている人は多いと思います。

 

今回はそんな怪我に泣かされた怪物、辻内崇伸選手についてのプロフィール詳細を紹介します!

スポンサーリンク

辻内崇伸選手のプロフィールは?

出典:naverまとめ

出身地:奈良県磯城郡川西町
出身高校:大阪桐蔭高校
生年月日:1987年12月5日
身長:185㎝
利き腕:左投
打席:左打
ポジション:投手
年俸:550万※引退時

引用:wikipedia

奈良県出身の辻内選手は小学校1年で一塁手として野球を始めました。

中学時には「郡山シニア」に所属し、投手へと転向。

 

名門大阪桐蔭高校へ入学し、2年の秋からエースの座を手にします。

 

3年時に出場した甲子園一回戦では5失点を喫しますが、ストレートの球速は156キロ(オリックススカウトのスピードガンによる計測)をマークし、一躍速球王として新聞の一面を飾り、全国的にお茶の間でも有名となりました。

 

 

とにかく奪三振が取れる見てて気持ちいい投手でしたね。

 

1991年以来となる大阪桐蔭の4強入りにも貢献し、この大会だけで65奪三振を記録し歴代2位をマーク。

 

準決勝では現在ヤンキースのエースにもなっている田中将大選手から本塁打も放ち、打撃でもセンスを見せています。

 

甲子園後はAAAアジア野球選手権の日本代表に選ばれ、松坂大輔選手を擁した1998年大会以来となる優勝にも貢献しました。

 

2005年のドラフト会議にて、読売ジャイアンツとオリックス・バファローズの二球団から同時1位指名され、抽選の結果読売ジャイアンツに入団を決めています。

 

ちなみにこの時外れ1位で、オリックスはT-岡田選手を指名して獲得しています。

スポンサーリンク

辻内崇伸選手の成績や年俸は?

出典:naverまとめ

 

辻内選手は読売ジャイアンツと契約金1億円、年俸900万円で契約しました。

2006年

1年目のキャンプから速球王でもあった辻内選手には毎日報道陣が押し寄せるほど注目を集めていましたが、肩の痛みにより二軍スタートとなります。

二軍では13登板、3勝4敗、防御率6・04でした。

2007年-2008年

2年目となる2007年も辻内選手の人気は衰えず、首脳陣や報道陣からも大きな期待を寄せられていましたが、2月に左ひじ痛を発症。

 

精密検査の結果「内側側副靭帯」と診断を受け、いわゆる「トミージョン手術」を受ける事となりました。

この手術は成功率も高く、近年でもダルビッシュ有選手などが受けている信頼度の高い手術でもありますが、やはり1年半程は休養が必要とされます。

 

手術の影響で2008年も1軍、2軍共に公式戦での登板はありませんでしたが、練習試合では球速150キロを記録するなどまだまだ期待度の高さを伺わせていました。

2009年

2009年は二軍で先発ローテーションとして投げ、防御率は2・69と安定した成績を残します。

 

しかし与四死球の多さや暴投の多さでコントロールに難が見られ、左腕速球投手にありがちな制球難が災いして一軍へ上がる機会はありませんでした。

2010年-2011年

2010年からは二軍でも出場機会が減少し、二軍でも登板は3試合と出場機会を失っていきます。

 

2011年には2軍でも登板数0でオフにはヤンキース傘下のルーキーリーグへ派遣され、プエルトリコで修行を積みました。

2012年

2012年は3月にオープン戦で初めて一軍の試合での初出場を果たします。

更にこの年は2軍でもリリーフとして43試合に登板し、8月16日にとうとうプロ入り後1軍へ初昇格を果たしますが、登板機会はないまま二軍へ逆戻り。

2013年

悲しくも辻内選手の最後の年となった2013年はキャンプは一軍スタートとなるも、肩の不調ですぐに二軍組へ…

 

更にブルペン入りした直後に左肘に大きな痛みが生まれ、腕が上がらなくなってしまい原因の遊離軟骨を内視鏡で除去するいわゆる「クリーニング手術」を受けました。

 

8月末には復帰し、アマチュア交流戦で登板しますがこの年の登板は結局この1試合のみ。

これが辻内選手最後の投球となりました。

 

10月1日に戦力外通告を受け、怪物と呼ばれた左腕が怪我に泣かされ一軍での登板は0のまま引退が決まります。

 

故障に泣かされ大成出来たなかった選手は大勢いますが、辻内選手ほどの怪物がドラフト1位で入団して1軍登板0で終わるという結果はあまりにも残念でしたよね;

スポンサーリンク

辻内崇伸の近況は?

出典:フルカウント

 

引退後は本人が「野球から一回離れたい」とテレビ番組でも語っていて、不動産会社の営業へと転職する事を希望。

 

社会に一度も出たことがないだけに、キーボードすらまともに打てない姿が映し出され、必死の努力している姿が映っていました。

 

会社員として別の道を進んで行こうとしていた辻内選手ですが、すぐに転機が訪れます。

長年のリハビリ生活を、ひたむきに我慢してきた辻内選手の姿勢を大きく評価した日本女子プロ野球機構の関係者から指導者としてオファーを受けました。

 

女子プロ野球に所属している、イースト・アストライアへのコーチへの就任と共に、支援している会社のわかさ生活正社員となっています。

 

2017年には埼玉アストライアのヘッドコーチに就任し、一時は野球から離れる決意をしていたものの、やはり野球に関わって野球界に貢献を続けています。

 

怪我に苦しまされ続けた辻内選手にしか解らない事は多いでしょうし、コーチとして普通のプロ選手には持っていない経験を積んでいるだけに、色々理解してくれそうですよね。

 

将来的には日本プロ野球の指導者にもなってほしいですよね。

辻内崇伸選手の性格は?

辻内選手は責任感が強く考え込んでしまうタイプだそうで、「ケガでほとんど野球をしてないのに、8年間もお金を貰っていて、本当に自己嫌悪に陥っていた」と語っています。

 

責任感が強い性格の人は自分を責めに責めてしまうんですよね…

鬱になりやすいのもこのタイプの方が多いだけに、辻内選手も本当に辛かったでしょうね。

 

若いころにはかなり身の回りにだらしない部分があったそうで、当時の寮長に本気のビンタを数発浴びたというエピソードもあるそうです。

その後生活態度も一変したそうですが、怪我でリハビリ生活ばかりだった為にストレスがたまっていたのかギャンブルばかりしていた時期もあったとか…

 

引退後は結構ふっくらとしてきていますし、ストレスから解放されたのかもしれませんね!

【辻内崇伸選手のお嫁さんは?】

辻内選手は2012年のオフに「こずえ」さんという元OLの方と結構しています。

こずえさんはとても美人な方で、有名なTV番組で辻内選手が特集された時にはかなり騒ぎになるほどの綺麗な方でした。

 

出典:naverまとめ

 

確かに綺麗な方ですね…羨ましいです。

 

二人は2009年に友達の紹介で知り合ったのが馴れ初め。

居酒屋で意気投合し、仲を深めてゴールインへ至ったそうな。

 

辻内選手が戦力外になる1年前という時期に結婚していて、よくあるプロ野球選手のお金目当てとかでは絶対無さそうですし、引退後も辻内選手をお小遣い制で管理していてとてもしっかり者のお嫁さんみたいですよ!

 

お子さんも一人生まれていて、引退後の方が辻内選手は表情が柔らかく見えます。

現役中はやっぱり辛かっただけに、奥さんの支えは本当に助かったでしょうね…

まとめ

大物ルーキーとして入団しますが、怪我に泣かされ一軍登板0で現役を終えてしまった辻内選手。

 

肩や肘の怪我は投手の宿命でもありますし、才能と怪我の両方をクリアしたものしかプロでは活躍出来ないという事をよく解らせてくれた選手でもありました。

 

大きな期待にプレッシャーと戦ってきた辻内選手だけに、今後はコーチとして経験を伝えて行ってほしいですよね!