出典:naverまとめ

 

西武生え抜きのイケメンスター選手として人気選手の栗山巧選手。

 

いぶし銀と言われる活躍を毎年の様に安定して続け、チームになくてはならない存在となっています。

 

FAもせず残留を宣言していて、西武一本で名球会入りの2000本安打までいつのまにか達成してしまいそうですよね!

 

選球眼が抜群によく出塁率が高く簡単に凡退しない為に、栗山選手には「曲者」として投手も苦労させられている姿を見かけます。

 

三振も少なくて、本当に貢献度の高い選手ですよね。

玄人好みな一流選手の代表格と言えますね!

 

今回はそんな栗山巧選手のプロフィール詳細について紹介します!

スポンサーリンク

栗山巧選手のプロフィールは?

出身地:兵庫県神戸市西区
出身高校:育英高等学校
生年月日:1983年9月3日
身長:177㎝
利き腕:右投
打席:左打
ポジション:外野手
年俸:1億9,000万円(2017年現在)

引用:wikipedia

栗山選手は小学校時代に少年団リーグの「小寺」で野球を始め、中学校時代はヤングリーグの「神戸ドラゴンズ」で野球の経験を積みました。

 

高校は名門育英高校に進学し、2年時には選抜甲子園大会に出場。

2年時の夏にも甲子園に出場した経験を持ちます。

 

甲子園では通算5試合で打率.348、9打点を記録し、高校通算では47本塁打を記録。

 

2001年のドラフト会議で西武ライオンズから4位指名を受け入団。

背番号は「52」。

スポンサーリンク

栗山巧選手の成績や年俸は?

出典:日刊スポーツ

 

栗山選手は西武ライオンズと契約金4,000万円、年俸500万円で契約します。

2002年-2003年

入団して2年間は一軍出場は無く、二軍で経験を積みます。

2004年-2005年

2004年には二軍で打率3割11本塁打の好成績を残し優秀選手賞を受賞。

一軍公式戦の最終日となる9月24日に9番レフトで一軍初出場と初安打を記録しています。

 

2005年には3,4月に打率3割を記録し一軍へ定着。

交流戦では5本塁打を放つなどレギュラーを掴んだ年となります。

2005年は84試合に出場し、打率.297、本塁打10、打点28と好成績をマーク。

年俸は2,000万へアップしました。

2006年

2006年も2005年程ではないですが、安定した活躍を続け半レギュラー状態でしたが、8月に空振りの際に手首を痛めシーズン終盤まで復帰出来ず。

2006年の成績は63試合出場、打率.268、本塁打2、打点22という成績でした。

年俸は据え置きの2,000万円。

2007年

2007年は栗山選手にとって完全にレギュラーへ定着したブレイク年となりました。

 

自身初めてとなる100試合以上の出場を記録し、今後栗山選手の持ち味となる選球眼を活かしてチーム2位の45四球を選んで、出塁率は.380を記録。

得点圏打率も.324を記録しチームトップの勝利打点数10もあげています。

 

2007年の成績は112試合に出場し、打率.278、本塁打5、打点29、出塁率は.380と高い数字を叩きだします。

年俸は3300万円へこの時点でアップしています。

2008年-2016年

2008年からは2015年を除いて栗山選手はほぼ毎シーズンフル出場を果たし、毎年の様に打率.290前後を記録し、四球を多く選んで毎年出塁率は4割近い数字を記録する西武の地盤を支える中心選手として活躍し続けます。

 

2008年には最多安打のタイトルも獲得。

 

怪我も少なく常に西武のスタメンに名を連ねる「いぶし銀」として居なくてはならない存在となりました。

 

年俸は2016年終了時に1億9,000万円で最高時には2億4,000万円にも達しています。

 

まさに西武の要と言える存在になり、一流選手として活躍し続ける栗山選手…

自分が監督だったら栗山選手のような存在が絶対欲しいですよね!

 

 

15年目にして初出場となったオールスター初打席でいきなりホームラン…

役者が違いますね!

スポンサーリンク

栗山巧選手の性格は?

子供の頃からプロ野球選手になるのが夢だったという栗山選手。

オリックスのファンクラブにも入っていたそうで、イチロー選手の大ファンだったとか…

 

西武でも屈指の人格者として知られていて、色々な逸話を持っています。

まずは町で自転車に乗っていた少年に声を掛け自分からサインをしてあげた話。

 

 

これは本当にファンの少年も嬉しいでしょうね。

 

更には戦力外になった選手の進路を気にして、仕事が決まらない内は「俺の運転手をやれ」と言って仕事が決まるまで運転手として雇ってあげたという話。

 

こどもの日にボールをスタンドに投げ入れた時は大人は少し遠慮して子供だけでお願いしますと先にお願いしておいた話。

 

マスコミには超丁寧対応で有名で、フリーランスの記者であろうと平等に対応してくれる超神対応の選手としても知られています。

マスコミに対応中のとある出来事では…

横を通りかかったある投手が「まだ喋ってんの?」と言葉を発した。「俺だったら、自分の調子が悪い日は喋らない」。そのひと言を聞いた、栗山の表情が一変した。
「そんなんアカンよ! 俺たちには喋る義務がある。記者の人たちだって、仕事なんやから。俺は自分の成績が悪いからって、話をしないのはどうかと思うなぁ」
引用:NumberWeb

とプロ意識の高い話もしており、感心させられます。

 

社会奉仕活動にも積極的で、知的障碍者の子供を招待したり、東日本大震災の復興支援を続けています。

 

更に小児がんの子供達にも支援を呼びかけていて、色々な支援をしています。

栗山選手は阪神淡路大震災の被災者でもあって、その時に沢山の支援を受けた経験から「今度は自分がそれをする番だ」と社会奉仕活動を続けているそうです。

 

ファンからもイケメンで人格者として西武生え抜きの選手として大人気であり、どこから突っ込んだらいいのか解らないぐらい聖人すぎて怖いぐらいです。

 

まさにスポーツ選手の鏡といったような性格を持つ栗山選手は、中身を知れば知る程応援したくなってしまいますね!

栗山巧選手の結婚相手は?

イケメンで超人格者でもある栗山巧選手は当然の如くというか、やっぱり2010年12月に既に結婚されています。

 

お相手の方は同じ兵庫県出身の「深咲」さんという方です。

知人の紹介で知り合ったのが馴れ初めだそうで、5年の交際を経てゴールイン。

人気だった栗山選手の結婚という事もあり多くの女性ファンを落胆させました。

 

深咲さんは料理が得意だそうで栗山選手の食生活を改善してくれたそうで、栗山選手が一流選手にのし上がるにあたって大きな貢献を果たしているとか…

 

画像はありませんがムーミンのミイちゃんに似ているそうです 笑

 

誰にでも好かれる栗山選手だけに幸せで居続けて欲しいですね!

まとめ

プロ野球選手のお手本の様な栗山巧選手。

 

野球の実力もさることながらイケメンで人格面でも完璧なんて、こんな人もいるんですね…

 

西武の生え抜きとしてこれからも活躍を続けて、将来は指導者としても見てみたい選手ですよね!