出典:SAMURAIJAPAN

 

大学時代から投手として大注目され、2016年のドラフト会議では5球団の競合の末に福岡ソフトバンクホークスへ入団した田中正義選手。

 

大学時代の最速は156キロを計測し、「プロでも即10勝以上出来る」と太鼓判を押された怪物投手ですよね!

 

将来のソフトバンクのエース候補どころか、エースになってもらわなくては困るとまで言われる程期待されている投手です。

 

名前の「正義(せいぎ)」からとって愛称は「ジャスティス」と呼ばれていて、将来の大投手候補の一人として注目を集めています。

 

今回はそんな田中正義選手のプロフィール詳細を紹介します!

スポンサーリンク

【田中正義選手のプロフィールは?】

出典:SAMURAIJAPAN

出身地:神奈川県横浜市
出身高校:創価高等学校
生年月日:1994年7月19日
身長:186cm
利き腕:右投
打席:右打
ポジション:投手
年俸:1,500万円(2017年現在)

引用:wikipedia

田中選手は小学校1年で野球を始め、創価高校時代には右肩の痛みで一時投手を断念しています。

 

高校時代から1年の夏ですでにエースナンバーを背負う程の投手でしたが、この肩の故障にはその後も悩まされる、厳しい爆弾となります。

 

創価大学に入って再び投手に戻った田中選手はメキメキと頭角を現し、2年の春に公式戦初登板時にいきなり151キロを計測し、11奪三振を奪い完封勝利を収めます。

 

大学3年生時の2015年のリーグ戦闘では無失点記録も築きました。

 

更に同年6月の大学代表と日本プロ野球選抜での試合で、プロから7者連続三振を奪い大々的に報道され、その知名度は全国区となりました。

 

 

プロを相手に7者連続三振って…すでにプロ以上の能力を持っている事を実力で証明していますよね。

 

2016年の4月には古傷でもある右肩痛が再発し、ほとんど投球が出来ない上に夏には右足太もも裏の肉離れを起こし怪我に泣かされる年となります。

 

しかし秋に復帰して登板すると、リーグ戦で自己最速となる156キロを記録し更にその名声を高めました。

 

一部報道ではあまりにも田中正義選手が抜けているために、12球団全部でドラフト競合がある!?なんて書き方までされているほどの存在となっていました。

 

更に本人はメジャーリーグへいきなり行きたい願望も口にしていて、日本を経由せずにいきなりメジャーへ行ってしまうのでは?と日本球界をやきもきさせましたね。

 

しかし結局は日本のプロ指名届を出した田中選手は目標を「球速160キロ越え」「シーズン200投球回」に設定します。

 

2016年のドラフト会議ではロッテ、ソフトバンク、巨人、日本ハム、広島の5球団が田中選手を1位指名し、ソフトバンクが交渉権を獲得しました。

スポンサーリンク

【田中正義選手の成績や年俸は?】

出典:SAMURAIJAPAN

 

田中正義選手は福岡ソフトバンクホークスと契約金1億円プラス出来高5,000万円、年俸1,500万円の最高の条件で契約しました。

2017年

田中選手はいきなり先発ローテーションとしての期待が持たれていましたが、初体験となるプロのキャンプ後に古傷の右肩痛が再発してしまい、球速を落としてしまいます。

 

2017年6月現在では球団の方針もあり、リハビリを優先をさせる事になりノースローでの調整を続けています。

超期待の投手だけに球団もじっくり故障に対応していますね。

 

今年中に1軍での投球が見られるといいですよね!

【田中正義選手の性格は?】

野球に対してとにかくストイックな姿勢を持っていると言われていて、食事に関してもとにかく体に悪い物を避け、必要なものだけを摂取しているそうです。

 

1に野球2に野球3に野球でまた野球と、とにかく全てを野球に捧げていてまさにプロ野球選手になるために生まれてきたような姿勢が見えます。

 

大谷翔平選手が名づけたと言われる「ジャスティス」というあだ名を自ら容認するなどお茶目心を持っている部分もありますね!

 

これだけの意識の高さを持っている選手だけに、開幕から故障で出られなくて一番辛いのは間違いなく本人でしょうし、じっくり治して怪物ぶりを見せつけてほしいですね!

田中正義選手の彼女は?

イケメンで注目度も高い田中選手だけに、女性からの誘惑も多そうですが現在の所彼女の噂は全くありません。

 

学生時代でも噂は無く、これだけ野球にストイックなだけに脇目も振らずに野球だけしていた可能性もありますよね。

 

しかし家庭の支えは必ず本人の助けになる物ですし、将来性抜群の選手だけに良いお嫁さんを見つけて欲しいですね!

まとめ

ジャスティスの名の元にソフトバンクでスター選手への道をすぐに歩み始めると思われた田中正義選手。

 

しかし古傷の為に現在はリハビリに専念しています。

 

故障さえ治ってしまえばドラフト5球団競合で1位指名される程の潜在能力を持っているだけに、どんな活躍をしてくれるのか今から楽しみですよね!