出典:スポーツ報知

 

巨人の中継ぎエースとしてすっかり定番となり、頼れる存在として君臨しているスコット・マシソン選手。

 

最速160キロを誇る剛球で日本人バッターをキリキリ舞いにしていますね!

 

来日当初はコントロールに不安が囁かれ、本当に日本で活躍出来るの…?

などと危惧されたマシソン選手ですが蓋を開けてみれば、リリーフエースとして日本を代表する存在となっていました。

 

今回はそんな頼れる助っ人マシソン選手についてのプロフィール詳細を紹介します!

スポンサーリンク

スコット・マシソン選手のプロフィールは?

出身地:ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
出身高校:アルダーグローブコミュニティ高校
生年月日:1984年2月27日
身長:191cm
利き腕:右投
打席:右打
ポジション:投手
年俸:$2,5000,000(2017年現在)

引用:wikipedia

高校時代はカナダの学生野球リーグのブリティッシュコロンビア・プレミア・ベースボール・リーグでプレーしていたマシソン選手は2002年のメジャーリーグドラフトで、フィラデルフィア・フィリーズから17順目で指名を受けました。

 

その後はマイナーリーグで経験を積み、2006年にはメジャーデビューを果たしメジャー初勝利もあげました。

しかし右肘を故障してしまい、トミージョン手術を受けました。

 

2007年に実戦復帰しますが、再び肘の痛みを訴えて2008年に二度目のトミージョン手術を受けました。

2010年に4年振りにメジャーに復帰しますがシーズンの大半をマイナーで過ごします。

2011年にもマイナー暮らしとなり11月に契約解除されました。

 

その後読売ジャイアンツにスカウトされ巨人に入団する事となります。

スポンサーリンク

スコット・マシソン選手の成績や年俸は?

マシソン選手は2011年の12月に読売ジャイアンツと1年契約を結びました。

年俸は推定7,800万円。

2012年

160キロに至るスピードボールを持つ事から守護神候補として期待されますが、春季キャンプでいきなり加治前選手の頭部に死球を当ててしまうなど、コントロールの悪さが浮き彫りになります。

 

しかし名投手コーチと言われる豊田清二氏の指導を受け、制球はある程度改善。

 

4月には一軍へ昇格し、初登板からリリーフで11試合連続無失点を記録します。

 

5月には初勝利をあげ、セットアッパーや抑えとして安定した活躍を続けました。

 

7月にはプロ野球史上4人目となる球速160キロも記録。

 

オールスター前までに10セーブをあげる活躍を見せるも、ひじの痛みが再発し一時帰国。

シーズン終盤の10月には実践復帰しました。

 

2012年の成績は2勝0敗10セーブ8ホールド、防御率は1・71と巨人の日本一に大きく貢献。

 

衝撃のデビュー年となりました。

 

 

日本人投手ではなかなか見られない球速の高さに驚かされました。

 

2013年

2年目の2013年は年間を通してセットアッパーとして起用され、セットアッパーの山口鉄也選手、抑えの西村健太郎投手の2人と合わせて「スコット鉄太郎」と呼ばれる試合終盤の盤石の必勝パターンを築き、巨人の名物リレーとなりました。

 

この年は怪我もなく、シーズンを通して安定した活躍を続け前年より更に高い成績を残しました。

 

2013年の成績は63試合に登板し2勝2敗40ホールド、防御率1・03という驚異の数字でこの年の最優秀中継ぎのタイトルを獲得しました。

 

最優秀中継ぎのタイトルを獲得した外国人選手はマシソン選手が初の快挙でした。

 

シーズン終了後には巨人と新たに年俸1億5,000万円の2年契約を結びます。

2014年

2014年は開幕から不安定なシーズンとなり、来日後初めて信頼が揺るいだシーズンとなりました。

 

開幕2戦目から黒星を喫し、その後も失点が増え抑えに回りますが前年までの安心感は無く不安定な投球が続きます。

 

2014年は6勝6敗、30セーブ、8ホールド、防御率は3・58と大きく数字を落としました。

2015年

2015年はキャンプからオープン戦にかけて不調に陥り、開幕を二軍スタートで迎えます。

 

しかし開幕後すぐに1軍に昇格し、セットアッパーとして活躍します。

ですが2013年程の安定感は無く、度々失点するケースもありました。

 

2015年の成績は3勝8敗2セーブ28ホールドと中継ぎ抑えでありながら8敗を喫するシーズンとなりました。

年俸は1億8500万円とアップしています。

2016年

2016年は開幕前は先発転向の話が出て、オープン戦は先発として登板していましたが結局開幕後はセットアッパーとして例年通り起用されました。

 

この年は好調さを取り戻し、リーグ最多となる70試合登板も果たします。

 

2016年の成績は8勝4敗1セーブ41ホールド、防御率は2・36と成績を大幅に改善させ良かった頃のマシソン選手が帰ってきました。

年俸は2億3,000万円へアップしました。

スコット・マシソン選手の性格は?

出典:naverまとめ

 

外国人助っ人といえば自由奔放なイメージがあり、メジャーから来た選手は特にプライドも高くわがままというイメージもあります。

しかしマシソン選手はそんな典型的な助っ人外国人たちとは正反対の性格をしており、とても真面目な性格だそうです。

 

本人は「日本で引退したい」とも語っていて、夫人と共に親日家としても知られています。

 

巨人の選手もファンもすでに5年の間巨人で活躍しているだけに、マシソン選手に馴染みを感じていますよね!

 

イチロー選手信者とも知られており、憧れていると本人が言っていますね。

選手のお嫁さんは?

マシソン選手はすでに結婚しており、奥さんは「ジェニファー」さんという方です。

出典:SANSPO.COM

 

ブロンド髪の綺麗な方ですね~

とても親日家な方としても知られていて、日本になじもうと奥さんも日本で出産をしています。

 

「異国で受け入れられるためにはその土地で子供を産んで、その土地で育てる事が大切」と語っていて素晴らしい考えを持っています。

 

マシソン選手が長く日本で活躍して居る為に、日本での生活を重要視して母国を離れた土地で子育てをする決断は並の女性には出来ない事だと思います…

 

こんないいお嫁さんがいるマシソン選手が安心して日本で活躍出来るのにも納得ですよね!

まとめ

巨人お馴染みのリリーフとなってすでに5年。

 

毎年の様に当たり前にマシソン選手が活躍してくれる為に、ずっと居てくれるのではないか?と考えてしまいますよね。

しかし2017年シーズン終了後にはメジャー移籍の噂も伝えられていて、巨人ファンや関係者をやきもきさせています。

 

個人的には今のマシソン選手がメジャーで通用するのか見てみたい気もしますが、巨人にとっては最早必須の投手だけに日本に残って欲しいかもしれませんね!